« December 2003 | Main | February 2004 »

January 2004

January 31, 2004

14年前のバーナーが・・・・!!(驚)(^。^)

風呂の煙突から黒煙が・・・数ヶ月前から変だったんだよなあ・・

得てして 週末とかに調子悪くなる(--;)

三代越しにつき合っている水道屋さんに電話してきてもらう。
1人じゃ修理ができないよね!(笑)

今の風呂は平成元年に使いはじめたのだが、その時 水道屋さんと話して「バーナーは万が一の時に備えて二台用意しよう」と予備も買っておいた。

今日その予備を使いました。実に14年目にして初めて予備用を使う・・・。

配線ミスとかと数度繰り返した後、無事に始動した。(^。^)

なんという危機管理のすばらしさ!!

うれしくて、うれしくて、神社にお礼参りをしてきた(笑)。
でも危機管理ってこう言うことなんじゃないかろか?

残った不良品も交換部品で用意することにした。
旨い酒をのも!(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 29, 2004

神社の説明・・・面白く無かったらしい(--;)

長男は青梅6小、荒川の尾久6小と交換授業をやっている。

今日は尾久6小の5年生と青梅6小の5年生が御嶽山にやってきた。
ビジターセンターで自然の話を聞き、御嶽神社で歴史を紀行とのことだった。

小学生なので丁寧に説明したつもりが・・・(^^;

愚息が帰ってきたので「今日の説明どうだった?」と聞いたら、
「全然面白くなかった。ビジターセンターの自然の説明の方がずっと面白かった」と厳しい指摘が・・・(^^;

まあ、仕方がないでしょ。歴史って言うのも面白いとは限らないから・・・。でも悔しいなあ。あの世代の子供に説明するのはなかなかむずかしい。知っていると持っても知らなかったり、知らないと思っても以外と知っている。そのギャップが面白かったりする。

でもこっちが面白がっていたんじゃ仕方がないんだよなあ・・・(--;)

まあ、これも勉強でしょ(^。^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 27, 2004

つづき

「あんまり旨くいかなかった」と残念がる人もいたが、

浅間様はお喜びだ!!確信を持って言える(^。^)

「今日のお日待ちは良かったな・・」と言ってくれる方もいて、こちらも嬉しい。


席のついでに「太々(だいだい・太々神楽)をやろうという意見があるのですが・・・」とNさんが言う。

太々神楽とは御嶽神社では「一番上等の参拝の方法」となっている。
神さまに食べ物を献上して祝詞を奏上し、祭典をする。終わってから神楽殿で神楽を鑑賞する。本来は講の皆さんがご覧になるのではなくて、神さまに奉納したのが原型と思われる。舞手も我々神職が行うが、本来は参拝者が舞ったものだろう。

太々神楽は宿坊の主催で多いほど「景気のいい宿坊」と認められる(笑)

そんなことで早速見積書を送ることに・・・。

帰ってから気が付いた。この講の御嶽神社の参拝記念碑は、お稲荷様の隣りにある。昭和57年に私の初めてのお祓いの碑なのだった。

何時もお稲荷様の掃除はしているので御利益?あるいは浅間様の御利益?(^。^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お稲荷様?あるいは浅間様の御利益?(^。^)

昨日は東久留米の講の皆さんのお日待ち(神社に集まって集会場でいっぱいやりながら春の参拝の順番を決める行事・竹筒にはいった棒に当たり外れがあり、それを引いて当番を決めている)。

以前は個人のお家が持ち回りでやったそうだ。それじゃ大変なので今は神社の参集所を使用しているそうだ。

東久留米の講は戸別に私が訪問するというしきたりが無い。そこで講の皆さんに会える、このお日待ちに3年前からお邪魔している。

午後から浅間神社に集まり、掃除した後、それぞれの講の掛け軸(神さまや仏さまの図や言葉が書いてある・榛名講、大山講、富士講、庚申講、諏訪講などがある。もちろん御岳講も)を吊し、役員さんが音頭をとって、参拝する。

去年は初めて同席させてもらったが、祝詞を読まない(^^;

役員の代表のNさんが笑いながら「今まで祝詞を知っている先達さんがいたが、亡くなってから、誰も解らず、参拝だけしている」とのことだった。

何かうんまい(旨い)方法がないか?と考えた。

去年の暮れにNさんに「どの神社でも使える簡単な祝詞をお教えしますから皆さんで奏上したらいかがでしょう?」とお勧めした。Nさんは役員の皆さんと相談し、「これなら簡単にできそうだ」と快諾いただいた。そこでコピーを渡した。

今回、3度ほど練習し、Nさんの音頭で皆で奏上。
棒読みだったが上手くできた。「これだけ出きれば十分(^。^)神主に祝詞を読んでもらうのが一般的ですが、皆さんが一緒に読めばそれが一番良いですよ」と・・・

| | Comments (1) | TrackBack (0)

船尾修 写真展 道中記


日曜日に新宿に行った。去年の夏休みに愚息がお世話になった写真家の船尾修氏の写真展が行われてる。

新宿の高野のフルーツパーラーの4階。

日曜日に出かけることなど滅多にないので愚妻もワクワクしている。

数日前からお手伝いをお願いしたMさんも一緒。

おにぎりと水筒を持って出かけた。子沢山の知恵ですな、おにぎりだったらどこでも食べられるし、なんと言っても経済的(^。^)

5人で食事をすると、10000円くらいすぐ飛んじゃう。
おにぎりを持っていくと3000円くらいで飲食費の節約に・・・
この時期、冬枯れで少々きびしいもんで(^^;

さて高野フルーツパーラービルの4階はコニカミノルタのギャラリーになっていた。3人の写真家の展覧会が同時に行われていた。

ソファーに座る船尾氏。長男はすでに、よそ行きの顔になっている。
次男が「船尾さん!お兄ちゃん、ボクをいじめんですよ!」と即、化けの皮をはごうとする(笑)

思いの外、小作りの人だった。2年ほど我が青梅市にもお住まいのことがあったそうな・・・。「御岳山にも何度か登りましたよ」

なるほど、戦闘態勢の体つきと見た(笑)

さてさて・・・

インドとパキスタンにまたがるカシミール地方の人物、風景を撮したもの。

ラマ教、イスラム教、ヒンドゥー教、仏教と混在する独特の文化を紹介している。


人々の目がとてもきれいだ。

愚娘は「このパンの写真がおいしそうで好き!」と言っていた。
末っ子は鳥の肉のかたまりが軒先につるしてある写真を見て「あれなに?あれなに?あれなに?あれなに?あれなに?あれなに?」と繰り返す繰り返す(笑)

少々グロテスクで気になったのだろう。

飛行機のおもちゃを路上において撮った一枚。

愚妻が「どういう意図で?」とお伺い。
「まあ・・・(対象が)あったので・・・」と船尾氏。

愚妻に「(ばっかだなぁ)見て、感じ取れば良いんだよ(文明と色彩の対比をよぉ)」と小声でアドバイスした。でもこっちにも自信がない(笑)

船尾さんはペルーやアフリカなど途上国の人や風景を撮っている。
ペルーの写真集とチベットの写真集が特に興味を引いた。

越智啓子さんのチベット紀行とか読んでいるせい?(笑)

前世はチベット人?ペルー人?(笑)

| | Comments (7) | TrackBack (0)

January 24, 2004

みたけ山観光協会

総会と新年会が終わった・・・。
会場を仰せつかった。総勢60名の宴会となるのでこっちも必死だった。

無事に終わったのでやれやれ・・・。

さて、去年からの懸案の「北御坂(きたみさか)のお地蔵様へベンチを奉納する」・・・。

自称「神の子」さんが、「Mさんに奉納させてください。良いことがあります」とのことでした。そのままにしていたのでMさんと例のカインズホームへ・・・。

先日の徘徊で安くて丈夫そうなのを見つけておいた。

早速言ってみると全部品切れ(^^;

仕方がないので注文して帰ってきた。

今日は愚妻との14回目の結婚記念日だった。
ケーキを買って8当分して食す。
結婚記念日にケーキは初めて?(^^;

10周年の時に「スイートテンダイアモンド!」とか言うのを無視したのでケーキなら安いもんだ(笑)

来年は15周年が・・・(--;)

今週2度の取材依頼が・・・
滝行だがさる有名歌手さん(アイドル)の滝行なので
「初心者には無理だと思います。危険ですから・・」と
説得する。残念この上ない。でも危険なモノは危険。
仕方がない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 21, 2004

カインズホームって知ってます?

いわゆるホームセンター。ドイトとか東急ハンズとか・・・。

自家用車で30分のところにあったが、去年突然差し押さえられた(^^;

いきなりのことだったので、地域のみんなが呆然とした。年輩のおじさん達も「不便でしょうがねえなあ・・」と嘆く。我々も本当に不便になった。

ホームセンターって畑仕事や山仕事の道具が豊富でしょ?東急ハンズっていまいち都会風なんだよね(笑)。ドイトは少々高いかな?でもビスやパーツは揃っている。カインズホームは我々の生活にジャストミートしてる(笑)。掘り出し物が安いことがある。

足がないダッチオーブンだって3000円しなかったし・・・。

ここら辺じゃ、庭があるのなんか当たり前だし、私のところでは(今時自慢にもならんけど)山林が30ヘクタールくらいある。

道具なんてそれぞれの家にエンジンのチェーンソーや草刈りは当たり前。ノコギリやスコップやなにやら、すごい量があるんだよなあ。

それでも欲しい物がある。雪掃きのシャベルやコンプレッサーの先っぽ(これが便利なんです。パソコンのLBの掃除なんてこれでバッチリ)とか・・・。都会じゃ使わないでしょ?
地下足袋も・・・(笑)

さて、赤札でロックアウトされた店舗に変わって(独立採算らしく別店舗は影響無しみたい)乗用車で55分と遠くなったがオープンしました。

遠いけどでかいんだなこれが・・・(驚)大規模店舗ってこう言うの!って感じ。

何でもあるみたい。職人さん達もやってきている。急な用事なんかここで足りちゃうし、安いから。

今日は愚妻と出かけたが、みたけ山の住民を2人目撃(笑)。みんな来てるんだねえ(笑)。この前来たときもやっぱり後輩がいたね。

でも、ついつい買っちゃうから、あまり行くと大変なことになる(笑)。

今日の収穫は雪掃きスコップ。昨日の雪掃きで後輩達が「柄が長い雪掃きが腰が痛くならなくて良いんですよ~」との事だったので、早速2本!(^。^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 20, 2004

毎日雪を掃いている(^^;


昨日も一昨日も雪掃きだった。新しい機会を自治会で購入した。みたけ山には御嶽神社所有の物も含めて10台くらいあるんじゃないかな?

10年くらい前に、農機具屋に行ったらカタログがおいてあったので、当時の自治会長に話して2台ほど買って貰った。

機械の威力は素晴らしく、今までの手作業が馬鹿らしくなるほどの
効率だった。

その後、軽自動車が運行するようになり、道路もバリアフリーが進んだ。(メインの一番長い坂道は反対者がいて階段が残ってしまっているが・・・)

去年の暮れに輪が駒鳥山荘の前の都道(信じられないかも知れないけど、あれは都道です。街灯をご覧なさい。道路用の物がついているから・・・)の舗装が完成した。日の出山に向かい、日の出山に至っている。それからあきる野市に降りて行く。

この道は、無人になった家の屋根から雪が滑り落ちて、雪掃きに時間と手間がすごく掛かったのだったが、道路が新しくなってから、階段が無くなり、雪掃き機で押せば簡単に除雪が出きるようになった。

「今までの苦労はいったい何だったの?」と近所で話している(笑)。

道路がきれいになると言うことは合理化と省力化。自動車が走ることでどれだけ生活が楽になっただろう・・・。

ケーブルカーの滝本駅(山麓の駅ですな)までの約4キロと麓のみたけ山住民専用の駐車場の除雪も行っている。4キロも掃くんだよ~!(^^;

雪掃き機3台で押しておりる。その後を「塩化カルシウム」を撒きながら軽トラックがおりる。機械を使わない人は箒や雪かきを使う。

今回の雪掃きは3時間で終わった(笑)
大雪だと8時間とか懸かるもんなあ(^^;

みたけ山の上の雪掃きは当番でなくて、自主的なものだから、何時も掃く人が決まってくる。でもみんな文句も言わず掃いているなあ。

機械で掃くようになってから時間が短くてすむようになった。

御嶽神社の階段と麓まで下りる雪掃きは「全員参加」と決まっている。男性がお勤めの家は女性が参加する。

女性や子供の場合、御嶽神社の参道の階段を掃く当番に廻る。

機械や自動車や道路の改修によってみたけ山のこの10年の変化は劇的だった。

これからの10年はどう言うことになるのだろう?
楽しみっていやあ、楽しみかも(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 18, 2004

講ができた(^。^)

今朝は5時過ぎに起床(笑)

新品の雪掃き機で除雪作業を2時間
積雪20センチでした 長時間降った割に積雪が無くて助かった

寒も緩んで 昨日までのように寒くなかったのでお日様の下で
雪が溶けた

雪掃きは止んでからすぐ掃くのがコツ
時間が経ってからだと重くなるし凍って堅くなるし・・・

さて 去年から懸案の「御嶽講の新規加入」が決定(^。^)
今の時代に昔からの「講」という組織が新規加入というのは珍しい

同僚達も「へぇ~!」と驚いている

私は だんだん増えるような気がする ただし今までのように地縁や農家の集団としての縁関係あるいは会社の一員などとしてではなくて もっと違う形での講組織だろう

まっそのうち詳しくかけるかも知れないな・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2004

雪が降ってるよ~

朝11時頃から降り出しました
今午後の10時過ぎですが ずっと降り続いています

でも小雪なので積雪10センチと言うところです
明日は明け方から雪掃きです

新しくなったガードレールが邪魔なので部分的にはずしてきた(^^;
こうしないと雪掃き機で道の下に雪を落とせない
雪掃き前の段取りっす

明日の朝は雪かき機の奪い合い?(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 16, 2004

パリダカで事故リタイアの風間深司さん その後

多少、情報が入ってきた。重症らしい。足の関節付近を粉砕骨折とのこと。

気楽ではないようで、帰国のめども立たないらしい。
奥さまもEuropeにいらっしゃっている様子だ。

気楽に考えていて申し訳なかった。

完治して、元気になってくれることを祈るばかりだ。

| | Comments (31) | TrackBack (0)

January 13, 2004

これが昨日のご来光

消防団の新年会があってヘベレケでしたので(^^;
イメージをupします。

いやいや、新年会のじゃないっす。ご来光のでっす。

野菜ぱっかりしょくしていたら5キロ減量に成功した。
ところが相次ぐ飲み会で戻しつつあり(--;)
残念!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 12, 2004

今年初めてのご来光ツアー

昨日から「明日の日の出は良いに違いない」との確信の元
ご来光ツアーを企画したところ
6名様が「行きます!」と・・・

場所は日の出山 日の出山とはみたけ山から見て日が出るからそう言うのであります。

午前6辞10分出発
国立天文台の理科年表によりますと 本日の日の出は6:52
「よっしゃ~!楽勝!」と思っていましたが

頂上(902m)へ到着するとすぐ日の出が・・・(^^;
「理科年表って正確なんかい?(^^;危なく間に合わないところだった・・・」

それにしても、今年になってベスト3に入るご来光でしたね(^。^)
後で画像をupしますから・・・・

それじゃ、新年会へ行ってきま~~す(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 09, 2004

知らなかった~(涙)

偉大なる友人、風間深志さんのパリダカが終わっていた・・・。

毎日チェックするつもりで番組表も印刷しておいたのに・・・(涙)

後輩に知らせに言ったら、逆に「骨折したらしいわよ」と教えられた。
webのニュースサイトによると、モロッコの第ステージでスタートしてすぐ、鉄柱に激突したらしい(--;)

1/5のことらしい。情報早い私らしからぬ失態です(^^;

あの人のことだから大丈夫だったらしい(^^;
今頃は病院か?あるいはスタッフと帰国の途か?

お守り渡さなかったしなあ・・・だって急に言うんだもんなあ。
残念がっているだろうなあ。

取り敢えず無事らしいから安心した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 08, 2004

滝への道が広くなった

初詣の途中の道が広くなった。
いままで水道管が埋まっていたが、古くて使っていない管が地表に露出していた。
クレームが入ったのだろうか?撤去が始まっている。軽自動車を使うために道の拡幅が行われた。

登山客が怪我をしたときに利用できるので道は広いほど便利だ。
ご覧の通り。

今年は滝行が増えるような気がする。
「多くの人々に滝行を紹介するように」と神さまのお計らいで道が広くなっている気がする。
こんな事を書くと「あいつ少々神霊がかっている」と言われるかも知れないが、年末から少しづつ感じていた。

まあ、シーズンが開けなければ判んないけどね(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

滝へ初詣


愚息と愚娘と近所の子供を連れて滝へ初詣した。

娘がなついていろいろな話をしつつ・・・。

滝もきれいで言うこと無い。七草粥と御神酒をあげてご祈祷。

滝壺も例年の落ち葉が少なく(大雨があったからなあ・・・)
とてもきれいだった。

愚息と友達はがやがやとしていたが、静かに滝の景色を胸に刻んで欲しいと思った。でも、あの歳じゃ無理か・・・(^^;

さて初滝行は何時になることだろう・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 06, 2004

石の神さま

友人が初詣に・・・
ご祈祷を頼まれたので、ついでに神社を案内した。

本殿の周りにはいっぱい神社がある。一番高いところは大口真神社。みたけ山の頂上で、なおかつ、おいぬ様の神社。そこから北の尾根の上に「石の神さま」がいらっしゃる。

大口真神社から見ると、石の神さまの紙垂が揺れていた。
道が少々険しいのでそこから遙拝(離れている場所から拝むこと)をした。

彼の母親はある女性を信仰の時に頼っていた。その女性はみたけ山の滝行で霊力(?)を高め、人々に託宣を行った。

かなり前、以前の宮司に連れていかれて彼女の家を尋ねたことがあった。大きな神棚を祀り、酒を出されて歓待された。
5/8の日の出祭にはたくさんの神符を配ってくれた人だった。

私は直接は彼女と話したことはないが、先輩達の話だと、
「強い霊感の為に、困り、滝行を勧めて、その結果、いろいろなことが判るようになった」とのことだった。

その女性は10年ほど前になくなり、遺族には神さまがおりない。
それでも御嶽神社とのつき合いは続けてくれている。

友人は言う「滝行で誰でもOKって訳じゃないのかね?」
「そうじゃ無いみたいだね」
「うんと滝を浴びれば霊感が授かるのかね?」
「そんなことはないよ。オレみたいに何度やっても凡人もいるモノ(笑)。特別に選ばれた人だけの仕事なんだよ」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 05, 2004

三度目の正直(笑)

愚息どもを連れておもちゃやさんへ・・・

やはりお正月ですから、少しはサービスしないとね!

「これがお兄ちゃんとお姉ちゃんがゲームボーイアドバンスSPをgetしたゲームだぜ~」と言うと末っ子が
「オラもやる!」と叫んだ

そう!あのゲーム器の前に行けばやるというに決まっているのだった。親がバカなのか?愚息が間抜けか?

2000円分の100円玉を投入し、上がっては下がるプラットフォーム。その上には目当てのゲームボーイアドバンスSPが!
5回upでゲットできるのでした。

結果は・・・・×!

末っ子ガックリ。親もガックリ。「愚息よ!よのなかあまくねえんだぞ~」

安上がりで携帯ゲーム器を取ろうと思ったのに・・・

今は夜ですが、末っ子は全然めげていない。もしこれが長男だったらスペシャルガックリなんですがねえ・・・(笑)

ということで皆さまも賭事はほどほどに・・・(^。^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 04, 2004

今年のパリ-ダカールラリーは?


元旦にスタートのパリダカ。

友人の風間深志さんが22年ぶりに参加するとのこと。

「夜景を見に行きたかったんだけど、パリダカあるのでちょっと無理で~す」と連絡が入っていた。

この前会った時も、いつもの通り、ヘラヘラしていたけど、あの笑顔の下で、根性はいっていたんですねえ。さすが風間さんだ。

webで調べてみました。
欧州ステージが終わったところで166位。

昔のパリダカと変わってしまったようで、本人ショックのようです。まあ歳も歳ですから完走してもらいたいですね。

ダカールの青い空と海を目指すらしい。すげ~よなあ。もう50歳過ぎてんのに・・・。

オレも修行がんばろ・・・。

テレビ東京のSPORT TODAY(23.55~24.09)で毎日のように結果をオンエアしています。皆さんも祈ってくださいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

弟子が帰った・・・


年末から手伝ってくれていた弟子のT君が帰った。

大都会で来年は大学受験である。
しょうしょう天然が入っているがいいやつで・・・(笑)

無事に大学合格してくれると良いんだけどなあ・・・(^^;

彼は去年、滝行、山掛けと修行に同行した。
ナイナイの岡村さんがテレビで滝行がオンエアになったとき
「おまえ、あれやってきたの?」と担任の先生にまで聞かれたとか(笑)
「いいじゃん!ヒーローになれて・・」「いやぁ・・ごまかしたんですよお」とのこと。
それぞれご事情があるようで・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1/4の朝拝(あさのご祈祷のこと)

年が明けてから昨日までなんだか忙しく、神さまを感じられずにご祈祷をしてきた。

「さては年末のご神前の掃除がいけなかったのかな?神さま居なくなっちゃったかな?」とか思いましたが・・・(笑)

今朝の朝拝でお扉をお開けすると「神気」がそれこそ「ブア~!」と言う感じで流れ出してきた。これでもかという感じだった。

ああ良かった。神さまはイラした(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新年を振り返る


みたけ山観光協会で1/1の早朝に振舞酒、振舞甘酒をしました。
私は役員でしたので、参加しました。

寒い中をお越しいただく皆さんに喜んでもらおうとの企画です。
今年で2年目。

それにつけても「挨拶なし」にはがっかり・・・。
黙ってやってきて黙って突っ立っている。しばらくすると
「甘酒・・・」これしか言わない。それも高齢者に多い(^^;

その点、若い女性は「おめでとうございま~す」「甘酒ください」「うれしいで~す」「ありがとうございました」ですもん。

礼儀知らずは中高年。情けない。

「挨拶は心を開いて、相手に迫ることだ」とは、元NHKのアナウンサーの鈴木健二さんの言葉。

お酒も甘酒も午前6時過ぎに無くなりました。
「挨拶くらいしていけばいいのに・・・」とは別の役員の感想。

リュックを背負った山歩きがらみの参拝者に多い。

山歩きの皆さんへ!

「自然ばかり相手にしていると言葉を忘れるのですか?2005年は挨拶をしましょう!」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 03, 2004

年末を振り返る

歩いて20分の山の中に「山の神」がおわします。12/30の午前中に愚息どもと注連縄と〆を換えにいってきました。

途中、谷を3回渡ります。第一と第二の谷はローブを使わないとわたれない。滑ると滑落してしまう。本当に危険。「おまえら山の子だから慣れろ!」と末っ子の小学一年もお越しは初めて連れていく。

ビビリながらもすぐ慣れるあたりが、山の子である(笑)。

〆を変え、御神酒と餅をあげて祝詞をあげた。おにぎりも神さまにあげて、ご祈祷の後それを食した。

さっぱりした(^。^)
ここに来ると何時も「山の手入れをしなくちゃなあ」と思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

二日が暇だ・・・

お客様よりお手伝いさんの数が多い(笑)

umaxのpulser(s900)を2年越しでセットアップしています。
友人のAさんの所有物。夕方から取りかかって、さっき完成したぞ!
いやぁ~掛かったなあ、手間が・・・

でも組上がると早いので嬉しくなります。
マック2台から部品を取って1台に仕上げた。これなら十分実用の早さだと納得。

このマシンはCPUが2台刺さる。いわゆるDUAL-bootでした。面白いので私も1台確保した。暇見て挑戦しよう・・・。

さてさて、そろそろ寝よう・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2004

はや二日ですな

29日、30日と睡眠時間が3時間で大晦日は徹夜(^^;
いくら神主の性とはいえ、なかなか辛かったですな(笑)

昨晩はバタンキューでしたね。昼間に昼寝を5時間ぐらいしたにも関わらず・・・。

朝から早稲田のkチャン。オオカミ協会の理事さん。滝行の常連さん。PTAの役員さんなどなど、いろいろな人がお越しになった。
「今年も出会いの年になるぞ!」の予感・・・。

元旦から嬉しいことです。

ご来光は元旦二日と芳しくないですね。明日はどうだろう?
良かったらご報告いたします。

時間的に余裕ができると(実際はまだ忙しいのですが)身体がうずうずしてくる。「山を歩きたい!滝行して~!」って言う感じですね。

このあいだまで、滝行は冬はダメだな。という感じでしたが、去年の秋口あたりから、「水量さえ確保されれば何時でもOK」という感じになってきた。繰り返すうちに滝行の身体になってきたのかも?

今年は山掛けにより力を入れて、跳躍跋扈したいと思います。

どんどん歩くと身体はバテバテとなる。その後から体調が良くなる。すると精神も高揚して元気が沸いてくる。

そう!ハイキング大好きの貴方も感じでいるでしょう?お越し下さい!山歩きしましょう(^。^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2003 | Main | February 2004 »