« August 2004 | Main | October 2004 »

September 2004

September 30, 2004

地蔵菩薩のご真言 その壱

みたけ山の北参道(ケーブルカーを使わないと登る道)に昔は「八地蔵」と呼んだお地蔵さまがある

一昨年のこと「自分は神の子」とおっしゃる女性から「お地蔵さまが寂しがっていらっしゃるので桜を植えて欲しい。ベンチも用意して欲しい」と頼まれた

まず御嶽神社の許可を得た

桜はその女史が送ってくれたので植えた 3本植えたが2本が枯れちゃった

ベンチは友人のMさんと作って設置した

それからは 機会があれば子供たちと参拝した

今年の春に親戚のおばあちゃんが亡くなった 身寄りがないので親戚のMさん(父方の祖母の生家 やはり御嶽神社の神職)と一緒に葬儀を済ませ 長野県の菩提寺にともらった

そのお寺の名前が「地蔵寺」
お墓への通路に 地蔵菩薩の真言が石碑として立っていた

オン カカカ ビサンマエイ ソワカ

「児童向け意訳 おん にこにこ はらたてまいぞ そわか」

真言については全く無知だったが 「児童向け意訳」が妙に腑に落ちたので そっちを覚えようとした

でも 雑事にかまけて 忘れそうだった  ・・・つづく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 29, 2004

格闘家がいっぱい?

今年の滝行は格闘技の・・・いわゆる格闘家が時々いらっしゃる

6月にプロレスラーの森嶋さん 8月に女性のキックボクサーさん
そして今月は○ライドでミルコークロコッ○や○ンダレイ-シルバと戦った大山さんが見えた

丁度末っ子が柔道教室に行っているので「一緒に写真を撮ってもらった「頑張れよ!」と・・・

リングの外ではみなさんとても優しくていい人ばかり
でもリングに上がると変わるんだろうなあ(^^;

森嶋さんは良いことがいっぱいあったようで○OAの皆さんが「俺もやる」と大挙してお越しになるとか(^^;

どうしよう・・・・(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 25, 2004

自然林を作る

奥多摩に原生林(厳密には極相林)を作ろうと思っている

その運動のためには スタッフの要請が必要
グランドデザインが必要

でも理解されない
これも運命かも知れないと 少々バテ気味です
御岳山に人を呼んでくる最高の機会なのに先輩達は
了見が狭い

と愚痴っていても始まらない(笑)

今日はNPOの若い人数人に草刈り(もちろん植林のためのもの)の指導を行った

始めはプランニングをしたかったが「なんとしても作業をしたい!」と言われ 困ったが 良い機会なので若い子達(女の子もいます)がどれくらいの作業が出きるかを見たいとも思ったので・・・

約2時間程度の作業で我が宿坊の元畑(今はワラビの野草園)の半分がきれいになった(^。^)

この作業でどのくらい 耐えられるかな?と・・・
明日になれば判るでしょ(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 22, 2004

ありがたいことです

ギックリ腰とwebにのせると いろいろな方から 電話やメール
本を送っていただいたりと ありがたいことである

子供のかかとで押してもらうのが一番と教えてもらったので
愚娘にのってもらったら あ~ら不思議!痛みがとれた!

一番痛いところにのってもらうのがコツだそうで、、、

痛みが安らぐのがありがたい

体をあたためつつ がんばりたい

みなさん ありがとうございます(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 19, 2004

滝行復活(^^;

一週間ぶりに滝行へ参りました

寒さは平気でしたが だんだん地面から寒さが腰に上がってきました(^^;

でも帰りも靴を履いて温かくしたので何とかなりました

こう言うときに思い出すのは比叡山の酒井アジャリ!
1000日回峰を2度行ったと言う・・・

10年以上の苦行なのだから途中には山あり谷ありだっただろうと・・・

続けることが行だと思うので こちらもできるだけ頑張ろうと思う

体をこわしているので徐々に回復もはからないといけないので
大事にしつつも無理もするという感じ(笑)

大学時代 体育会でよかった(笑)
無理の仕方が判るので・・・

今日から滝行3日連続だから 徐々に頑張って体調を戻したい

薄々感じているのだが

少々体調が悪いときの方が精神的にだれない人なので(^。^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 16, 2004

腰痛 続編

朝の御祈祷を終えると 食事してごろごろ

昼過ぎに起きて 食事してゴロゴロ(笑)
午後も夕方の御祈祷をして ゴロゴロ

太っちゃったよ(^^;

今日は午後はみたけ山レンゲショウマ祭の後処理で山中のお店と宿坊を回る 連絡事項の説明だ 臨時集会をすれば良いのだが
なかなか集まりも悪いので 一件一件回っては説明した

人と話すと痛さもまぎれる

去年とくらべて8000人くらい多くの人が夏休みに訪れた(御岳登山鉄道調べ)

夏の売り上げについて聞くと 善し悪し半々!なんで?こんなに大勢の人が来てくれたのに、、、

「去年より売り上げが悪かった」という人も、、、

側でたまたま聞いていた電器屋さんが
「昔からと同じことをくり返していちゃ ダメなんだよ 観光協会に頼って(お客さんを)呼んでもらっても 自分の店に呼び込むのはそれぞれの店の努力だよ」とアドバイス

まあいろいろあるわけで、、、(^^;
役員になると率直に感想を言う訳にも行かず がまんがまん!

オレも成長したもんだ(笑)


さて明日は文化講座で斉藤先生が御岳山の石碑(そこら中に沢山ある)についてのレクチャーをしてくれる ありがたい

自称弟子なので連絡係とかやっている 夜電話すると 「滝行も少し休憩ですか?」と昨日の整形外科の先生と同じことをおっしゃる(笑)

これが仕事なんだよなあ、、、続けることが、、、予約もあったが 週末だけにしてもらって お断りした 珍しいがしょうがない、、、

「腰は私も持病を持っていて 痛くなると落ち込むでしょう?」とズバリと指摘された さすが先生!(笑)

いたわったら少し楽になったので 今日も靴下を履いて 腹巻きをして寝ている

こういう時 子供の顔を見ると元気が出るが 夕方から大げんかしている(^^; 

「いいかげんにしたら?」と珍しく静かに話したら こっちを向いて静かになった

親父は偉いべ!(笑)

落ち込んだ時は子供の寝顔が良い薬 「しょうがないがんばるか!」という気持ちになるもんな

明日1日休んで 週末の大忙しに突入!連休だし滝行2日連続だし
この秋は雪駄はやめた!地下足袋にしよう!少しは暖かいだろう(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 15, 2004

痛む体

またギックリ腰になっちゃった(^^;
三年連続である

可愛コちゃんが「以前に腰痛の取材をしたんだけど 侮ってはいけないのよ」と言われ 長男を付き添いに整形外科へ行った

「脊椎分離症は治っていますが 弱点なのはまちがいありません
滝行?しばらくは止めておいて下さい」と言われちゃった(笑)

冷えたんですよ より年波

風呂に入って腰を摩りながら「今年の夏もよくがんばってくれたなあ ありがとうな」と、、、

50に近付くと「そろそろ体をいたわんなくちゃな」と思うようになった

神様からの授かり物だから 酒やたばこで痛めつけないで せっかくの良い体を少しでも長く使おうと、、、

もともとタバコはやんない
もちろん酒を止めるわけじゃないけど 少しは摂生しないとね

夕食も食べない方が胃腸は元気な気がする 朝飯も最高にうまいし、、、

今日から靴下を履いて寝ます せめてもの 体に対しての思いやり(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 11, 2004

霊能と滝行

誤解が生まれやすいので あまり霊的なことをここに書きたくないのだが・・・

そこそこの霊能やその手の学校(?)で勉強してくる人が引きも切らない こちらに身分(?)を隠して 行に参加する
何を目標にするかも判らないし どういうつもりで参加するかも明かさない

そう言う人たちに滝行の結果が良くない

みたけ山から帰って医者に通う人もでる

本人達に悪気はないが その時点でこちらから言わせると×である
今年は 具合が悪くなる人が多い

ご自分で調整ができると思っているが事態はそれをはるかに越えた形でその人達に訪れる

何度も言うが「無心を目指して行はすべきである」たとえ無心がむずかしくてもそれを目指す心が大切である

綾広の滝をなめてはいけない 滝行をなめてはいけない

ケーブルカーに乗って頭が痛くなる人は行は無理である
諦めるべきである
そういう人でどうしても希望がある人は 定期的に一生通ってくるくらいの覚悟をしていらっしゃることである

どうです?霊感があるあなた!できますか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2004

近況報告

あっという間に夏休みが終わった この時期は宿坊にとっても稼ぎ時である 正確に言うと 稼ぎ時であった だ

少し前までは研修会とか林間学校とかいっぱいあったから、、、

今は自治体や企業は研修会とかやらないし、、、
研修会は対費用効果があがらないことがわかっちゃったし(笑)

林間学校は小子化と公共体の研修施設とか一杯できちゃったし、、

そんなことで考えた、、、結論は「宿坊としてもっと神様をお祀りしながらお客さまをお迎えしよう」と、、、

施設的には大手にはかなわないし 料理や景色だって専門店にはかなわない

何が ここで宿泊業をするのに適しているか?、、、
宿坊の原点に帰ったのだ

そこで滝行を始めた 西暦2000年のことだ
それまでも 細々とはやっていたが インターネットが大きかった このおかげで 必要な人に情報が届くようになったのだ

今年はマスコミの取材も多かった くり返しお越しのみなさんも多くなってきた
年々大きなうねりのようになる気がする こうなるとは思いもしなかった でも 今は完全に感じている

「御岳の神様はこうしろとおっしゃっている」と

「滝行だけして このまま何処まで行くのだろう?」と思う でも これしかないから、、、(笑)

このまま御岳の神様をお守りしつつ行けばそのうち次の段階が見えてくるのでは?とも思う

見えなかったら、、、?それもそれで人生なんじゃないかと、、、(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2004 | Main | October 2004 »