« September 2004 | Main | November 2004 »

October 2004

October 29, 2004

滝行続く

後輩に「毎日滝行では体を壊しませんか?」と聞かれた
壊しそう、、、(笑)さすがに寒いし、、、

今年は珍しく10月にお申し込みが多い
気温も真冬並みに落ちてきたのでさすがに女性は少なくなったけど、、、

霊感を強めようとなさる方も(どうも)いらっしゃるらしい
一度滝を浴びたくらいで霊感が強くなるとも思えないが そう信じて
お越しの方に むげにもできない

でも「(無駄と知りつつも)感謝しながら滝を浴びる事が大切で こういう修行は無心で行うものですよ」と話す どれだけ理解されているか疑問だけどね

今年は恐いもの見たさの滝行が減った気がする 良いことだ
週末は雨と滝行 少しでも消耗しないように気をつけよう、、、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 27, 2004

うちの神さまって?!

霊的に敏感なお客様が時々お泊まりになる

以前に「見ることができるなら うちの神さまを御覧になって教えていただけます?」と頼んだことがあった
自分じゃ見えないもんで・・・(^^;

「大きな神さま お顔だけでも3メートルぐらいあるわよ」と言われ驚愕(笑)

どうも大きいらしい・・・(^^;
でかすぎて きっとうちのご神前に入りきらない?
きっと空間とか超越なさっているのだろう、、、

自分では感じることはあるけども実際には見ることができないもので・・・

特に今はモチベーションが落ちまくっているので「神さまいらっしゃるかな?」と心配だった

愚妻がお泊まりのお客様に聞いてきた

「こんな大きな足(80センチくらいの裏)で 大きな衣をつけて廊下や天井を神さまが歩き回っています こんなに神さまが多い場所は初めてです」

そりゃ良かったな 複数の人が大きな神格だとおっしゃるんじゃ 間違いないべ(^。^)

昔から 大いなる精神にはかわいがっていただいているという気はしている

「馬場さん そう言うタイプだわよねぇ」とかも言われるし・・・

まあ これでも誠実には生きているつもりだけど・・・

時々うそも付くし お世辞もいうし 悪口も・・・(^^;
でも根本的には誠実だと思っているんだけどなぁ

他人さまはどう評価してるかは判んないけどね(--;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 26, 2004

本音と建前

こういう日記は 自分の職業と関係あるので 場所もこういう場所に張りつけてあるし・・・

本音って なかなか書けない 書きたいことがあっても滝行の参加者さんのことを書くわけもいかないし(守秘義務に抵触する場合がある)神社のこともなかなかむずかしい(これも守秘義務)家族のことを書くと娘がぶーたれるし(笑)霊能者のことを書けば「馬場さんはかぶれている」とか言われるし・・・

そう言う目で見ると 有名人のプログや日記はみな 当たり障り無いことを書いている

本音を書いているように見えて実際は当たり障りの無いことをだらだらと・・・自分もそうだったりして(--;)有名人ではないけれども・・・

本当を言うと これじゃあ面白くねえんだよなぁ(笑)

「巻の壱」では霊能者さんとがっぷり四つに組んで 
取り敢えず 書いちゃえ! と言う気持ちで書いていたのだが
だんだん書けなくなってきた

面白くないのはきっと自分だけじゃないでしょう

もっとスピリチュアルなことも書きたいけど
どうしても 滝行関係になってしまうし・・・

本音を書きまくったら面白いとは思うね
うちに泊まりに来る人いなくなるだろうけどね(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 23, 2004

貴方も落ち込み?

ひさしぶりに友人に電話すると落ち込んでいた(^^;

こっちも同じなので「そっちもか~!」と苦笑した

お互い 落ち込みなれしているので お互い「弱っちゃったなぁ」とは思いつつも シリアスにはならない(笑)

これで落ち込まないでいつもハイテンションで居たならば駒鳥山荘はいまごろビルディングでしょう(笑)

そろそろ 水中から海面が見えてきた感じもする
秋の観光シーズンが始まるので忙しくなれば体も自然に動かさないといけなくなるので、、、

閑話休題

さて台風ですが またまた避けました なんでだろう?

「東京は大規模地震がくるから台風はこない」「富士山が爆発するから台風はさける」とか いろいろ言われている

どうなんだろう?全然判らない(^^;

こればかりはなるようにしかならない、、、

天気予報で台風23号の時に天気予報で

「上陸してからの台風は山脈に遮られて勢力を落とした」

と言っていた

なんだ 山の神様たちがお守りくださったのじゃないか!
と感じた

ちょうど神社で神職の研修会の最中だったが あまりに寒いので「この寒さじゃ台風は大きくないよ」と言ったが 図らずも当たっちゃった

そんなもんでしょ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 16, 2004

我が家のご神前は偉大だ

ひさしぶりに晴天だったので 昨日は開扉して新鮮な空気をご神前に入れた

テンションが落ちまくりなので 仕方なく開ける感じなのだが
霊気がぶあ~~~~(笑)

「ふしだらですみません」と恐縮しつつ頭を下げた

夏休みの7~9月にテンションをあげまくったので秋に鬱の状態になる いつもの事なんだけど、、、

この季節には珍しく毎日のように滝行が続く
これで調子が出れば良いんだけど、、、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2004

雨が続く

毎日雨が良く降っている 平野部では曇り空でも 山の上は霧の中 こんな天気でも 滝行の毎日

滝はフレッシュな感じで 気持ちもなかなか良い

今日も女性と一緒の滝行だった 明日も同じ
今年は10月に多くの人が見えますな

おかげで体調もだんだん戻ってきた 滝が治してくれる、、、
ありがたいことです

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 06, 2004

今週末は薪神楽

今日は 舞台づくり 一昨日 愚息どもと悪ふざけをしていて 左手首をひねった 少し前に痛めたが治ったところを再び、、、

昔から バカふざけが過ぎる と言われてきたが 治らない(笑)


今日は左手に力が入らない どうしようかと内心びくびくだったが 人数が多かったので かばいつつ仕事を終えた

小学校の運動会が今日だったが朝まで知らなかった
ただ今 愚妻と険悪な関係(^^;

長男の最後の組み体操 長女も一緒だと言う 見たいが舞台づくり、、、

カメラで!と思ったが去年愚妻は 運動会で壊して帰ってきた
意外と乱暴者で(笑)冷蔵庫 精米機 カメラ 自動車 壊す壊す(^^;

性格なんだよなあ 治らない だから カメラは預けられない

性格って 治らないよなあ 自分もだけど(笑)

10年経って少しは判りあえるかと思うのだが全然ダメ(^^;

それどころか 少しづづ離れて行く お互いに
この土地と家族のおかげで なんとか結びついている

まあ しょうがないかも、、、(笑)

駒鳥山荘としては なんだか新局面に入った気がする

今日も愚息どもに「新しい場面に突入したのだから皆で協力しないといけないぞ」

「お母さんとおばあちゃんは毎日言い合いばっかりしているけど 

おばあちゃんがいなくなったらお母さんは一人じゃ仕事ができないんだから!

お母さんの料理じゃ客さんに怒られちゃう わかるだろ!」と言うと

一同「それは判る!」と(^^;

「だから皆 近所や学校のともだちとは違うこともやってもらうようだからな!お手伝い!」

「わかった~」

意外と判りが良いのでこっちが吃驚した(笑)



| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 04, 2004

愚妻が実家へ

昨日の日曜日は愚息どもの運動会 雨で中止になった でも今日は代休、、、ということで 愚妻は実家へ里帰り

三人の子供のうち 下の二人を連れて行った 長男は風邪と喘息で私と母と三人で留守番(^^)

ああ 静かで嬉しいなっと

長男は「おばあちゃんの家へ行けばよかったなあ 早くお母さん帰ってこないかなあ」とさっそく愚痴をぶつぶつと、、、

低学年の時に「喘息かもしんない」とか言っていたら本当になっちゃった

言葉の力は強いので 遊び半分でそう言うことをべらべら喋ると本当になることがある バカめ!病気をなめて言葉を弄んだからだ

毎日 霧と小雨が続き 気分も憂鬱 日本には夏の前と後に雨期があるが 意外とみなさん認識していない

梅雨と秋の長雨の事である

今年は梅雨がなかった だからみたけ山は渇水だった
生活には支障はなかったが 綾広の滝の水量が少なかったので 私は認識していた

だから今の雨は ありがたい うっとうしけどね、、、

長男も滝行をくり返せば 喘息は改善するけど まだ小学生だから 少々早いかなと、、、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 02, 2004

地蔵菩薩の真言 初奏上

お客さまのピックアップがあったので 今(午後8時)に下山した

途中のお地蔵様の前を通るので車をとめて 真言を相乗した

オン カカカ ビサンマエイ ソワカ と三回

夜なので 恐かった(^^;

やっぱり 昼間の奏上すべきかと、、、

| | Comments (2) | TrackBack (0)

○ライドの大山峻護さんの滝行日記

格闘家の大山さんが日記に滝行を書いてくれた

http://homepage2.nifty.com/owweb/allintopower/diary/index.htm

すごい体力だと 感心していたんだけど

やっぱり 風邪引いちゃったのね~(^^;

7回にトライ!は きつかったのでした

人数も多いし 取材のクルーも滝を浴びたので 待ち時間も意外と長かった

次回は 御岳山の格闘ファンも参加したいと申しております(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 01, 2004

蔵王権現さまが 表舞台に登場?(^。^)

9月29日は御嶽神社の流鏑馬(やぶさめ)祭

午後5時から執り行われるが その前に 責任役員会議 神職会議が行われる

来年の3月から5月まで ご開帳(神道的にはこの言葉遣いはおかしいとのこと)で毎日蔵王権現さまの立像を公開する

ポスターとチラシを作った 少々後手で 間に合わないんじゃないかと心配している

それはともかく これらの文言の審査を行った
蔵王権現という言葉を使わないで「ご神体」とか「ご神宝」とか・・・

これじゃ判んないよ と思って「蔵王権現を公開とそのまま表記したらどうですか!」と発言したら 会議で通っちゃったよ(^。^)

公式に蔵王権現を表記するのは明治維新以来初めてのことになるのじゃないかな?

ともかく嬉しい!やっとここまでこぎ着けたという感じだ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

地蔵菩薩のご真言 その弐

・・・つづき

やがて 秋になった 「墓石ができたので長野へ行って 供養をしようや!」と声がかかった

その二日前も長野県の善光寺へ参っていた
貫首さんの法話をいただいた

その時 貫首さんは「オン カカカ ビサンマエイ ソワカ」とおっしゃった

ああ ご真言か・・・と思った

意味は わらって穏やかに過ごしなさい みたいなことをおっしゃった

春にもこんな事があったな と思いながらパンフレットに真言をメモした

一日おいて次の日に長野へ出向く

地蔵寺のお墓への参道で 例の真言の碑の前を通って「忘れないようにデジカメで撮っておこう」と撮影しながら

おや~~っ!!!

これって善光寺で貫首さんから聞いた真言と同じだぞ~!と・・・(^^;

我ながら鈍いったら無いな(笑)

その時は「きっと仏さまが いつも 腹を立てやすい私をいさめた言葉だな」と解釈した

さて 昨日 S先生(青梅市の文化財保護委員と勤める 私が御岳の歴史の師とあがめる)と夜 談話した
ふと気が付いて その真言のことを話すと

「これは地蔵菩薩のご真言です 馬場さん!八地蔵で真言をお上げなさい!」とおっしゃる

が~~~~ん!そうだったのか!参道のお地蔵さまは神道式の拝礼でなくて ご真言をご所望だったか~!

あったま悪いな~俺って・・・と言うわけで

愚息どもに

「おい!おまえら!これ覚えろ!」と

オン カカカ ビサンマエイ ソワカ!

と合唱につぐ合唱(笑)

これで 参拝できるぞ!たのしみたのしみ(^。^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2004 | Main | November 2004 »