« November 2004 | Main | January 2005 »

December 2004

December 29, 2004

取材がつづく

ホーリーさんの「宿坊研究会」で「お寺に泊まろう」という本が出版された

それが縁で1/6に滝行の取材が入った

27日にはNHKで今年6月のオンエアが一年の特集で再放送 電話鳴っています(笑)

実は今朝も滝行 取材と除霊が重なった

取材はレディースコミックに掲載予定 余りの寒さに「あり得ない~!」震え上がってらした

だから「どうなっても知らないですよ 滅茶苦茶寒いから」と言ったのに、、、

除霊は3日連続の予定 こっちも風邪ぎみで辛いが 仕事だからガンバロ、、、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 17, 2004

この年末にボランティア?

御岳山の住民はみな 地域限定の電話を持っている
この電話は 非常放送設備も兼ねている

このスピーカーの音量が少ない いわゆる「何いってんだかよく聞こえねぇ」

自治会の総会で「簡単 簡単 安いパソコン用のスピーカーで 音量アップ!わはははははは」

、、、よけいなこと言うんじゃ無かった(^^;

注文した20台のスピーカーは春から玄関で段ボールに眠っていました(笑)

「このままじゃ 年越しになる~(^^;」

、、、で 後輩に手伝いを頼み 一日かけて セッティングしましたがな

動作確認は神社に後輩がいたので「非常放送をしてくれ」と20回 頼んだ 良くやってもらった

みなさんには 「これで良く聞こえるわ~!」と感謝された

良い気持ちだが 皆 大掃除とか障子張りとかやっている
焦る 焦る(^^;

明日からダッシュ?(^^;



| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 13, 2004

山がけ その2週目

今朝も 愚息どもと始発のケーブルカーで下山

2日間 御利用いただいたフランス人ご夫婦と一緒に、、、

お稲荷さんと滝に参拝 滝の祠に参拝

41分に出発 ビジターセンター下に29分に到着
少々足が重かった

昨日のマラソン大会にきていた○ンクレールの出店で
トレーニングシューズを購入した

山楽荘の御主人が「去年買ったけど これって最高!」
仲間も皆買いました(笑)
口コミの威力をまざまざと、、、

さっそく試しに登山してみた

地下足袋とくらべると、、、

かたいですな、、、地下足袋ってペラペラですもんね
でも あれは進化の最終型で完成されている

これの足首と地面のホールドは最高かも知れない
地下足袋の「かえしのよさ」も捨てがたいけど、、、(笑)

なんにしても道具を買うと気分も新鮮になり「頑張るぞ!」とい言う気になるので それはそれで 効果あった?(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 06, 2004

山がけ開始

夏にあれだけ頑張って痩せたのに リバウンドしてます

今朝 麓から1時間かけて登山した

正直 鈍っているかと心配だったが なんとか以前にそん色が無い
ただ重い 早朝だったので 托鉢に出向く先輩や後輩の神職とすれ違う(笑)

「なにしてんの?」と不思議がられた

「いや なに その~」とかごまかしたが見れば判るでしょう
歩いてんですよ~

地蔵真言を唱えながらだとリズムが良いことを発見

坂井阿闍梨も「リズムが大切」とおっしゃっていた
千日回峰行でも 真言を唱えながら 山中を回っていらしたことを思い出した

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 04, 2004

裏切りの明日?

ここのところ 裏切られることがおおい

まさかと思った人が 裏切るんだよ

信者さんの代表を勤める人が 黙って参拝に来て 声もかけず帰っちゃったり 20年も付き合いがある人が 他の神職に御祈祷を頼んだり、、、
仲良くしている(ふりだけとも思えたけど)近所の奥さんが 実は 快く思っていなかったことが分かったり

裏切りとまで言わないかも知れないが 後味がとても悪い

この手の事は人生長ければ それなりにあるが こっちにも多分落ち度があるのだろうが この時期 重なって 聞こえてきた

偶然 分かっちゃったり 友だちが「○○って 言っていましたよ」と教えてくれたりした

御岳山は外部の人間にとっては 優しく見えるが 内部では いろいろある(笑)

隔絶した山で いわゆる陸の孤島の歴史が長かったので そういう風土が出来上がったのだろうが、、、

いわゆる 外面が良いのである 私の場合 だいたい何処でも同じだが、、、(笑)それで損をすることが多いみたいだけど 仕方ないジャン 性格は治らない(笑)

いままでの人生で とても裏切られて苦しかったことが2度ほどあった それにくらべれば なんでも無い、、、が、、、

何度も言うように 「心根と その人の 生きざまが問われる時代」なんだよ

いままでは 「依らば大樹の影」とばかりに影響力のある人にくっついて 成るべく目立たないように 漁夫の利だけを求めていれば良かったかも知れない

今は 自分の立場をはっきりして 意見は述べる きちんと議論をすることが大切 (悔しくても)間違ったら認めて 筋をとおしてから次に進むことが大切

そう言う時代なのだ ぐずぐずしている余裕が無くなったのだ

島国根性では 問題解決できない時代なんだよ

御岳山の人達に目をさましてほしいよ

この流れは 来年はもっと加速するよ 見ててごらん!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 02, 2004

あちらの世界・・・

「とても単純です」とアドバイスしているプロ(僧侶 神職 霊能者)がいるが

私の勉強と経験からくる感想では とても複雑みたいだ

単純なモノではないね 以前から言っているとおり 私には霊感はほとんどないですが そのくらいは 長年神職をやっていればわかる

ただし 人間としての生き方は単純というかピュアなモノが求められているようだ 特に自分の場合は 正にそうだ

「霊感」とか「心霊」「神霊」という言葉が広告効果が抜群にあり信者さんとかお客さんを集めるには効果的なことも純分承知している

でも 私には霊感とか無いので あるようなふりをしつつ神職やるのもできない

こんな霊山に住んで17代目の神職で 滝行をあれだけやっても 全くない(笑)

それ自体は まあそれだけのモノだけども 悩んでいる人に的確なアドバイスが できればもっといいんだけどねぇ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 01, 2004

師走が始まりましたな

あっという間に 今年も師走

まだ年賀状の準備もしていないし、、、

すごい1年だった、、、

でも来年はもっとすごいことになるやも知れんな

時間の流れが早くなるのは待ちがいなし!
もっと霊的な時代になるだろう
心根を試される局面が少なくとも日本人にとっては多くなるだろう

大変そうだけど 少々期待もあるんだけどね(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »