« July 2005 | Main | September 2005 »

August 2005

August 31, 2005

サーバーがメンテで停止してます

駒鳥山荘のhpをおいているメインのサーバーがメンテナンスで停止中です
今日の午後6時には復帰します

何かありましたら ここか掲示板(以下)へ書き込みをお願いします

http://hpmboard2.nifty.com/cgi-bin/bbs_by_date.cgi?user_id=PXH04724&msg_per_page=10&def=10

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 30, 2005

山駈に行ったぞ!

2005
山駈(やまがけ)に出かけた
コースは駒鳥山荘ーー奥の院ーー鍋割り山ーーアクバ峠ーー高岩山ーー綾広の滝ーー駒鳥山荘
所要時間 約4時間
奥の院の「男具那社(おぐなしゃ)」はご覧の通り工事中、、、今年一杯の予定です
山頂で祠にご祈祷して、さて休憩して振魂でも、と思ったら
若いお嬢さんが今日が誕生日だと判明(^^)

「なんで先に言ってくれないんですか〜〜(汗)」ということで

水とお神酒で乾杯の図 私はコップだけ参加しています(笑)

最後は綾広の滝の水場で「お水取り」をして戻りました

歩くことは一種の瞑想行だと言うことがよく判る
楽しかったな 若い女性二人と一緒だし(^^)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 29, 2005

本をもらっちゃった、、、?

みたけ山で駒鳥山荘はケーブルカーの駅から一番遠い宿坊の一件

滝行の皆さんは消耗が激しい場合があるので
「(ケーブルカーの)駅までお送りしますよ〜」とお送りすることが多い

送っての帰り道 元宮司のおじいちゃん(94歳?)が
「お〜〜〜!!」と手招きをする
車を止めると脇に本が置いてある、、、
「あんたにあげようと待っていたんだよ」とおっしゃる、、、

「二宮金次郎の一生」という本だった、、、
「よく働くな!がんばれ!」とおっしゃった

最近体を壊して入院していたと効いた
本を差し出す手が震えていた

「○○さんも お年になったのだな」としみじみ感じた

このおじいちゃんは御嶽神社の宮司職を長く勤めた
激動の時代を乗り切った敬愛すべき大先輩

評価していただき 恐縮です がんばります(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 28, 2005

がんばれ!丸山先生!(^^)

2005
日本テレビの24時間テレビの100キロマラソンの丸山先生と一緒に走っている
縁の下の力持ち 坂本雄次トレーナー
「また(滝に打たれに)来ます」とおっしゃったな、、、

今 丸山先生とゴール目指してがんばっているのだろう

愚息どもにも「今日は特別にテレビを見ていいぞ〜!」「わ〜〜〜〜い(^^)」
とグギ付け(笑)

「Television set is my life !」は映画「ホームアローン」で主役のカルキン君

けだし名言である(笑)

がんばっていらっしゃるな
「俺もがんばろ!」という気持ちになる(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

精進おとし

2007

聞き慣れないかも知れないですが、、、

宗教的な行事にいそしんだ後は普通の生活に戻るということで 一般的には宴会をやって
酔っぱらって普通の生活に戻ると言う、、、

滝行の後は、、、
今日的には ご覧の通り バーベキューだったりして、、、(^^;

例外的なんですが、お供しました 普通はあり得ないんですが、、、(汗)

結局 さんまのやき方とか キノコの炒め方とか ローストビーフの作り方とか、、、

滝行の先達でなくてバーベキューの先達?(笑)

まあ いいじゃないですか!多摩川の流れを眺めつつ 飲むビールは上手いですね(^^)
あっもちろん澤の井は最高(^^)

さて そろそろ仕事に戻ります、、、

さな○さんへ ブログのアドレス教えてね!(^^)

| | Comments (3) | TrackBack (1)

August 27, 2005

ダイエット日記

やっと10キロに達した、、、
6/19から3カ月あまり、、、

去年は最大瞬間風速15キロ減を記録したので まだ及ばず、、、
いったいどういう生活しているのだろう、、、(^^;

内面が充実すると食欲は減衰するのかな、、、
いずれにしても気分がハイでないとできない

特筆すべきは機会機会にアドバイサーがお越しになり
「馬場さん〜〜」と助言をくださったことだ

きっと私の守護霊さんも「お前このままだと早死にするから
痩せろ!」ということかも知れないな、、、(^^;

相変わらず アミノ酸は労働の友である
寝る時は靴下も欠かさない

皆さんに感謝しつつ もう少しがんばろうと思っている

あっ今テレビで丸山弁護士が100キロマラソンを走っているらしい
愚息どもが大騒ぎ
がんばってくださいね〜(^^)
先生の滝行の模様は9/4日本テレビ「おしゃれイズム」で放映です

| | Comments (0) | TrackBack (0)

台風一過 その2

2005

宿坊駒鳥山荘としては 北よりの風だったし
「神様 無事を感謝いたします」
「うちの神様すげ〜だろ?北に避けたもんねぇ」と子供たちに言うと「うん!すごい!(^^)」

みたけ山としては崖崩れが未だに復旧しない箇所がある
避難勧告も出ちゃったし滝へのトレイルも一カ所 どさっとおっこっちゃったし
傷跡がいくつか残った、、、
被災の皆さんには 残念です がんばってください と言うしか無い、、、

風も大変だけど大雨も怖い
みたけ山の本山は もともと水の少ない山だから 水はけを気をつけないと
すぐに崖崩れを起こす

駒鳥山荘は階段状に宿坊が建ててあるので

一段めの石垣はおじいさん
二段めの石垣はおやじさん
三段めの石垣は私

代々石垣を作っているな(笑)
斜面と重力との戦い?油断は禁物

わが駒鳥山荘は以前は「西馬場」と言った
みたけ山には「東馬場」もある
二件とも井戸の脇に宿坊がある
馬場一族は「水の管理者」という役目があったのかもしれない、、、

昨日は末っ子を連れて綾広の滝へ様子見に行った

いつもは水が流れていない空沢が水を流している きれいな水、、、
「ほら!いつも水が無いけど いっぱい(雨が)降るとこういう風に川になるんだよ」

滝の上の道にさしかかると飛び石が冠水していて靴が濡れてしまう

「おとうさん!どうする?」
「簡単!裸足になる!」と靴と靴下を脱いで滝壺へ行った

愚息は裸足に慣れないので「イテテテ!」と騒ぐので杖を貸した
小学3年じゃ辛いかな?でも、こういう経験が良いんだよ 山の子供なんだから

綾広の滝はご覧の通り

週末に滝行の皆さんへ 

良かったですね〜(どんなものがくっ付いていても)なんでも流せますよ〜(大笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 26, 2005

台風一過

2005
だんだん青空が顔をのぞかせてきた、、、

やはり雨台風だった 近所の宿坊の崖が崩れた
台風は風も怖いが山岳地帯では(大量の)雨も怖い、、、

大雨の時は必ず排水処理の点検をすることである

その宿坊は去年の台風で崖がずれたので工事中だった
不運だったということかな、、、

別の宿坊(避難勧告が出たところ)は さっきお伺いしたら「大丈夫でした〜(^^)」とのこと
こっちはよかった

レンゲショウマは無事だった(^^)
北向きのフィールドに北よりの風が当たったので少々心配したが
かれらは風には強かった(^^)
産安社(うぶやすしゃ、、もともとは浅間社、、ということは木の花咲くや姫さまが御祭神 レンゲショウマフィールドの頂上にある)に「ありがとうございます」と参拝してきた(^^)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 25, 2005

避難勧告が出た(^^;

「NHKでみたけ山で避難勧告2件で4名」ってニュースでやってんぞ〜

友人の大工が電話をかけてきた
こっちはテレビを見ない生活になったので 判んなかった(笑)

徒歩7分の宿坊の東側の土手が崩れた 台風7号の時だから7月の下旬である

「崖に(雨を防ぐようにシートを引いてその上に花のプランターを載せていたらしい)向かって
ずるずる(シートごと)引っ張られて行くんですよ そのうち どどっと落ちたんです」って
見ていたらしい(^^;

良かったよね  一緒に持って行かれなくて、、、

早速 青梅市の防災課とか東京都の土木課などの人たちが視察に来ていた
幅40メートル 高さ30メートルくらいあろうか、、、沢まで一気に崖が落ちていた、、、
大規模な崖崩れなので これから工事という時に この台風である

「避難勧告が出るだろうな」というのが地元の予想だった

当たっちゃったよ(^^;

この場所は何十年も前から「崩壊危険区域に指定してもらいたい」と陳情していた
でも地主との関係が上手く行かず 結局は手つかずになっていた

崖が崩れたので地主も「協力します」と重い腰を上げた

陳情の時に協力してくれれば 崖が落ちる前に補強ができたのに、、、
その方が予算も手間もかからないのに、、、

人間関係はこじれると自然災害より恐ろしい、、、?

| | Comments (4) | TrackBack (0)

つれづれなるままに、、、

静かである 少々怖くなってきた 「嵐の前の静けさ」という、、、、
あまりに静かだ
暑くはないので雨台風と予想したが もしかすると短時間強風タイプかもしれない、、、(^^;

まいったな〜(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

台風近づく、、、

11号は案の定 直撃になりそうだ

わが駒鳥山荘は なぜか今日と明日はオフ(^^)
元々予約が入らなかった、、、

気温は寒い 昨晩は靴下をはいて ニットキャップをかぶって寝た
あっ冬というほどじゃないんですが、、、

整体の先生(滝行でおこしになった)に「冷えがぎっくり腰の原因でしょう 寝る時に靴下をはいて寝るのも良いですよ(^^)」とお進めいただいたので 早速、、、
夏にはやったことが無かったけど 温かいので「足が喜んでいる」感じがする(^^)

さて
我が家では「寒いと台風は来ない あるいは 台風は(暴風雨が)たいしたことが無い」という説を持っている
父親が生前に言っていた言葉で これがよく当たる

今回の11号も「雨台風」になるんじゃないか?(少なくともみたけ山で体験する台風としては、という意味ですから誤解しないように、、、)
と思っています(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 24, 2005

神との対話

この本をお薦めしたところ
「馬場さんは神主なのにキリスト教的なこの本をどういう気持ちでお進めになったのですか?」
の様なご質問をいただく、、、

何でもokなんですよ(笑)簡単に言うと、、、
作者のニールドナルドウォルシュさんは口述筆記の様に「ペンが勝手に動いて対話になった」
「はじめは気がふれたのではないかと思った」などと書いている

日本的に言うと「守護霊が魂に語りかけた」となるのだろう
アメリカの神様は、キリスト教会を批判し、アメリカの今の経済のシステムを批判し、セックスを謳歌しろと言いギャグを連発するのだった(^^)

私も神職の端くれなので、人生の中で何度か啓示の如きものを授かったことがある
いつも「私には霊感は全くないです」と断言しているので

「おっや〜〜?」と思われた方もいらっしゃるでしょ(笑)

誰でも体験する「ひらめき」あるいは「気づき」とでも言うものがある
突然に心と言うか頭の中に浮かぶ「あれ」である

数えるほどしか無いが「ああ、これは真実だろうな」と即座に感じることができるものである

私は鈍いので神様が「しょうがないなぁ言葉で判らせるしかないか、、、」と
ひらめかせてくれたのだと思っている(^^;

この本で神様は
「いつも、あらゆる手段で(あなたたちに)語りかけているよ ただ(あなたたちが)気づかないだけだよ」
と言う、、、、
「もっと直感を信じなさい」とも言う
全く常識にとらわれない神様の論理が展開する

霊能にあこがれがあって「滝行で霊感を授かりたい」とか無駄な考えをお持ちのご仁は
一読を(強く)お進めする(^^)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2005

遠方からの滝行希望

今日は九州からの滝行希望者がおこしになった
先日は北海道から、、、

今年は遠いところからお越しの方が多い

「地元に無いのかねえ」とも思う

神社や寺は自分の信者には寛容でも、不特定多数には意外と冷たいのかも知れない

先日、霊的に敏感な方が滝行にお越しになった
「この一年くらい(霊症が)ひどくなって困っています
近くの神社に相談に行っても相手にしてくれません」と、、、

神社や寺の本来の姿は、そういう場合の相談の相手も重要な仕事だと思うのだが、、、

不安な時代だからこそ、既存の宗教は頑張らないといけないと思う

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 20, 2005

JR駅からハイク

05
みたけ山観光協会の理事ですので「お茶汲み係に出てくれよ〜」と頼まれた
今日のイベントは1900人が訪れた

「全員に冷たい麦茶を無料提供〜!」

という訳で、朝の10時過ぎから午後4時過ぎまで、ボランティアをやってきました、、、

いろんな人がいて腹立たしいことも多かったけど
横浜のカワイコちゃんとツーショット、、、(^^)
これで我慢しよ、、、(笑)

カワイコちゃんへ
このブログを発見したらメールください
フルサイズのイメージをお送りしますから、、、

えっ?必要ない? 失礼しました〜(涙)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 19, 2005

ダイエット日記

今朝の体重がやっと84キロ台に突入した(^^)

昨日の午後に「これから明日まで食べない!」と心に誓って早めの夕食を摂った
一日二食と決めたが午後3時過ぎには腹が減る
肉体労働なので 多少の食物は口にしている
ただし午後5時過ぎには極力食物は避けている

昨日は特に強烈に避けたので今朝の体重になった

いやぁ長かったですな 6月19日から約2ヶ月で9キロ減、、、
良いペースである

心臓が肥大だし 肝臓は脂肪肝 腰は腰痛 膝は関節炎
考えてみればボロボロ(笑)
痩せることのメリットは計り知れない

Gパンがゆるゆるになったので仕入れのついでにユニクロへ、、

100センチを超えていたウエストが88センチでも楽勝(^^)
もっと減りそうだが またリバウンドしそうだし(笑)
とりあえずそのサイズで購入した

今年のペースは良いので このまましばらく行けるのでは無いかと密かに期待している

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 18, 2005

滝が冷たくなってきた

元々冷たかった滝の水温が下がってきた気がする

申し込んだ女性たちは「ひぇぇぇ〜!」と思うかも知れない(笑)

例年は今頃はかなり温むのだが 今年は1日だけ「寒さが無いな」と感じただけだった

これから さらに温度が下がるだろう、、、(^^;

まあ 修行という意味では 寒い方が良いんだけどね(^^)

| | Comments (1) | TrackBack (1)

August 15, 2005

撮影後記

05
8/13の模様は日本テレビ「おしゃれイズム」にて9/4午後10時に放映の予定です

滝壺で余分に持ってきたふんどしを手にして
「藤木さん!ふんどしありますよ〜!」
「いやぁ勘弁してくださいよ〜(汗)」ということで、、(笑)

残念ながら記念撮影のみでした(^^)
コメントを採り終えるとすぐにお帰りになりました
「次の撮影が押しているので、、、」(マネージャーさん談)

スターも大変ですな、、、

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 14, 2005

「修行に思えてきた」と、、、

弁護士の丸山先生はただいま「24時間100キロマラソン」に向けてトレーニング中だそうである

表題の言葉は丸山先生が滝行の時にご自分の練習を振り返っておっしゃっていた言葉である

何度も繰り返し走るうちに「修行」をお感じになったのだろう

繰り返すことは何でも修行になるらしい

比叡山の大阿闍梨の酒井さんが物の本でおっしゃっていた
「どんなことでも同じ時間帯に毎日繰り返すと修行になる」そうだ

「同じ時間」と言わないで「同じ時間帯」というのが修行をした人の言葉だと感じる
「同じ時間」はほぼ不可能である 「同じ時間帯」 この「帯」がつくと現実味が出る(^^)

若かりし頃 ジョギングをしていたことがあり 泣くような気持ちで走ったことも何度もあった
その頃は 修行を意識していなかったので(学生を終えて新米神主だった) つらいまま走り続けた、、、

今 同じ体型で 走ることが可能ならば きっと参拝しつつ走ることになっているだろう 苦しさも昇華できているのでは無いかと思う(^^)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 13, 2005

ロケが続いた、、、

05
弁護士の丸山先生が滝行をすると言う、、、

日本テレビ「24時間テレビ」で「24時間100キロマラソン」に挑戦なさると言う、、、
気合いを入れる あるいは根性をためす?という意味で滝行に挑戦なさった

還暦をお過ぎと拝察いたしましたが 100キロマラソンに挑戦とは すばらしい!
私も元気が出ます(^^)

大変気さくな方で 人気が出るのもむべなるかな、、、

ロケが絡むと滝行の他の参加者に迷惑がかかるので 別の時間帯に行った

という訳で今朝は滝行指導を丸二回行いました〜
ぼろぼろで〜〜す(^^;

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 12, 2005

雨の滝行

今朝はしとしと雨の中を10人で出かけた

心の中では「雨も良いもんだよなぁ」であるが
この日を選んで申し込んだ皆さんは 少々残念?

経験者も数名混じる
風邪気味や寒さに弱い方がいらっしゃった

「ええ〜っ!寒いんですか?」って修行にいらしたんでしょ?(笑)

今年の綾広の滝の水は冷たい 12度程度しか上がっていない
例年は「立秋」前後の滝は一番温むはずであった、、、、が、、、
今年は寒い

平地にお済みの方は信じられないかも知れないが 震え上がる人もいらっしゃる
唇真っ青 顔面蒼白 とかね、、、(^^)

だからこちらも気を使う 事故や病気は極力避けなければ行けない
そのために「自然をなめては行けませんよ!」と強く言う
想像しているより かなり過酷な行である

その分 終わった時の達成感は抜群だが、、、(^^)

一般に気温と水温の差がある時の滝行は危険だと言うらしい
それは 「見くびり」あるいは「自然に対する無知」「不遜」と関係があるのかも知れない
体も「夏の体」になっていて「寒さに対する耐性」が鈍っているということがあるのかも知れない、、、

恐れ 敬い 愛することがな、、、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 11, 2005

だんだん判る?

いままで 釈然としないで滝行を続けて来た部分があったが
そろそろクリアしたみたいだ

人間だから欲がある
滝行に見返りを求めないと言っても 心の隅に淡い期待があった

この夏 滝行を続けるうちに「そういえば 全く考えなくなったな」と
気がついた
本当にすっきりした感じだ
「ただただ打たれる」のだ〜(^^)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 10, 2005

「朝は楽しく」宿坊特集

さっき放送が終わった 問い合わせの電話が2本(^^)

滝行をしてみたいという潜在需要(笑)があるんだねぇ

レポーターの徳山ひかりさんは必死だったが緊張した雰囲気が画面にそのまんま出ていた(^^)
彼女は身長も体重も軽量級なのでつらかったと思います
でも さすがだった よく頑張った

それに引き換え 私はおかしいほど水に強い(笑)

学生時代に冬に水上スキーをすることがあったが (そりゃ人間だから それなりなんだけど)
同級生より 寒さには強かった、、、

あっ!その頃はずっと痩せてました(笑)

さて 番組は宿坊の特集だった
ディレクターさんに宿坊についていろいろ説明したが 丁寧に番組にしてくれた
徳山さんが司会者の突っ込みに必死でフォローしてくれたのが嬉しかった

大丈夫です徳山さん!どんなにつらそうに映っても 滝行したい人は 絶対やってきますから、、、(笑)

番組では みたけ山の御嶽神社や今が盛りのレンゲショウマの映像も流してくれた

いい人たちに恵まれて 良い広報になったと嬉しかった
デシレクターの鬼頭さん初めスタッフの皆さんありがとうございました(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 09, 2005

恵みの雨

昨日はJR立川駅で「みたけ山レンゲショウマ祭」のキャンペーンを行った
業界用語で「キャラバン」と言う

レンゲショウマの群生が(特に中高年の女性に)人気がでて数年になる
インターネットのサイトでも「まだ咲かないですか?」と問い合わせが多くなって来た

マスコミの皆さんにもお願いして新聞やテレビなどで取り上げてもらう
地元でもハガキをかいたりポスターを貼ったりして宣伝する

それに加えてキャラバンを行うと、それなりの効果が上がる

植木鉢にレンゲショウマを栽培してサンプルにして展示する
パンフレットを配りながら「みたけ山にお越し下さ〜い」と連呼する

声がかれました〜(^^;

おじさんやおばさんたちが寄って来て「これ!売っているの?いくら?」と必ず聞かれる
「売り物ではないんですよ、皆さんにご覧いただくように持参したんですよ」と答える
「売らねえんだったら、こんなところに置くな!」と怒られたりする(^^;

いい年のおじいさんが怒っている、、、子供のようだ
そういう時代なのだろうか、、、?
「年を取るということは、いろいろなものを脱ぎ捨てて、死んでゆく準備をして行くということだ」
と作家の佐藤あい子さんは書物でおっしゃっている
そう、枯れるとはそういうことなんだろう、、、

この頃のおじいちゃんおばあちゃんは若いしはつらつとしている
色恋沙汰もた〜〜くさん(笑)
元気なのは結構だ 日本をここまで支えてくれたのだから、、、

でもこれだけ生きたのだから今までの含蓄が必要だと思う

先日、神社の手水舎で「手水の作法」を滝行参加者に指導していると
初老の男性が水鉢の中に手を突っ込んで(水の温度を確かめて?)行った
参拝者が口を濯いだり手を濯いだりする水に直に手を突っ込んだ!

よっぽど、後ろから怒鳴り飛ばしてやろうかと思った
逸脱しているのだ
やって良いことと悪いことが、あの年(おそらく65歳くらい)で判らないのだ

「あなた!今までの人生で何やって来たんですか?ずいぶん無様なことをなさいますね」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 08, 2005

ダイエット日記続報

格闘家の大山峻護さんが
「毎日の滝行だと大変ですね(^^)アミノ酸を採ると楽ですよ」と
アドバイスしてくれた

速攻で買ってきましたアミノ酸!(^^)

今朝の滝行の前に試しに飲んでみました、、、

うっ!不味(まず)!(笑)

でも効いたみたい!体がすごく楽な気がする(^^)

大山さんへ アドバイスありがとうございます 効いているみたいですよ〜
でも すごくまずいですよ〜(笑)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

August 07, 2005

ダイエット日記

今朝の体重は86.2キログラム(^^)
いよいよ6キロ台に突入した
これで93.8キログラム(6月19日)から約50日で7.6キログラムの減量となった

05

格闘家の大山峻護さんが滝行にお越しになったので「目指せ!大山!」で記念撮影
パソコンで見てガックリ、、、(^^;
さすがにプロは違いました、、、どうすればあんな筋肉になるのだろう、、、

大山さんは9/7に試合があるそうです
楽しみです

がんばれ!大山峻護!
今回の滝行で「 The Master of 滝行」?!(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 06, 2005

滝行のロケが続く、、、

05
3テレビ局のロケが重なっている(^^;
取材申し込みがあった時には拒否しないのだが
これだけ重なることは珍しい(^^;

昨日はテレビ東京の「朝は楽しく」(8月10日午前8時放映)の滝行ロケが
行われた
今開催中の「レンゲショウマ祭」のレンゲショウマ(野草)も撮影してくれた
どんな番組になるか?楽しみである

「ひかりさん」体調戻りましたか?(^^)

明日は某テレビ局のロケハンと別の某テレビ局のロケが同時進行(^^;

滝行やみたけ山の信仰が世に知られるには絶好の機会であるので
がんばる

先輩などに「出過ぎ」とも言われる、、、が、素材として価値が認められる間は
「できる限りがんばって出演する」というのが私の基本的なスタンスである
それが信仰を担う神職のありようでもあると信じている

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 04, 2005

滝にパイプ?

05

台風7号の後、綾広の滝の上にパイプが現れた、、、(^^;
上流から流されて来たものだ
「なんとか片付けないと、、、」と思いつつ時間が経った

今朝は男性と二人の滝行だったので
滝行を済ませると「すみませんが少々お待ちくださいます?」とお願いして待っていてもらい
滝の上の岩場にアタックした

神職としては滝の上に登る(実際は上の道から降りたのだが)のはなんとしても
憚られた、、、

「綾広の神様たち申し訳ございませんが片付けさせいただきます」と心に祈りながらパイプを川の脇に片付けた

いままで一度も行ったことが無かったよ〜(^^;

なんとかたどり着き、滝の上には2本のパイプが流れにさらされていた
たぐり寄せるように片付ける
なんとか上手く言った(^^)

やっとすっきりした

青梅市の水道部に連絡しておくことにしよう(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 03, 2005

ブログのデザインを変えました

時々は、変えてみるのも気分転換に良いですね(^^)

過去の日記もアーカイブとして載せました

日記と言う形式で2003年9月にはじめて、そろそろ丸3年、、
継続は力なり?
いろいろなことがありましたが進歩していない自分に愕然です(笑)

亀のように、ゆっくりいきますかね、、、(^^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

富士浅間の神様

2日はみたけ山の小学生のPTA「日の出子供会」の恒例行事で海水浴だった
伊豆長岡の先の「ラララサンビーチ」小さいお子さんには良い海水浴場である

、、、でも遠い!

小型バスをチャーターして出かけているが、往復10時間!長過ぎ!
去年は油壺だった 往復8.5時間 この差は大きい、、、

さて、その「らららサンビーチ」の浜辺からは富士山が(天気がよければ)一望できる
ちょうど雲がかかっていたけど、、、

バスでの帰り道に隣の親が子供に「あれが富士山だよ、大きいだろう?」と
シルエットが浮かび上がった富士山を差して説明していた

「富士山はいつも見ていたから、、、きれいな時はこんなもんじゃない、もっとずっと、すばらしいんだけどなぁ、、、」となにげに心の中で思った

その時、ふと「富士山の浅間様(木の花咲くや姫さま)はいつもおなじみ(友だちのような関係)だったんだ」と感じた

なんてことだろう、、気づくのに30年近くかかった、、、
そうだ、「俺たちはいつも富士山が見守ってくれていたんだ」と、、、

プロフィールをご覧の方はお判りの通り、私の大学時代は体育会「モーターボート水上スキー部」で明け暮れた
ホームグラウンドは山中湖だった
スラロームを滑ったりトリックで後ろ向きに滑ったり、ジャンプで飛んだり、、、
いつも富士山が見ていてくれた

UFOが富士山にかかる雲の中から大量に降りて来たこともあった(らしい)

私の青春の一ページは間違いなく富士山と一緒だった、、、、

みたけ山のケーブルカーの尾根は富士峰と呼び山頂には源頼朝公の創建と伝える「産安社」(うぶやすしゃ)が鎮座する
今は「安産」の神として参拝されているが、もともとは富士山信仰の浅間様である

産安社に詣でるといつも気持ちがよくなる
優しく包んでもらうような気持ちになる

そうだったのか!青春を見守りいただいた木の花咲くや姫様のお手配だったのだ、、、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 01, 2005

ゼミ合宿で滝行?

今年は不思議、、、

宿坊駒鳥山荘は昔「東京都青少年野外活動の家」の指定を受けていた
全国でも(昔は宿泊施設が現代のように豊富でなかったので)林間学校とか学童クラブの合宿などに
提供している宿坊は多いのではないだろうか、、、

そんな流れで、夏休みは大学などのいわゆるゼミ合宿が多い

今年は参加の学生さんが「明日の滝行お願いしたいのですが、、、」と
申し込まれることが増えて来た

「今度の合宿はみたけ山の宿坊駒鳥山荘で〜す」(幹事さん)
「どんなところなの?」(参加者)
「滝修行とかもやっているらしいよ〜」(幹事さん)
「おっ!それは面白そう!早速webで調べてみそ!」(参加者)

(会話は私の想像(笑))
ということで、意外と皆さん情報を集めて参加するような、、、

ゼミと言うと会議室で缶詰め状態なので(時間さえ許せば)滝行は気分転換にはもってこいかも知れない(^^)

「いろいろなことを学びました」
「すっきりしました」
「またやりたいです」
「皆もやれば良かったのに、、、」

なんだか、こそばゆいくらい好評だった(^^)

気分転換には有効かも知れないと感じた

滝への道すがら神社参拝のしきたりや常識(これが意外と知られていない)を
解題する
若い脳はどんどん吸収する

そろそろ定年退職くらいの年代の人たちは、神社やお寺になじみが少ないためか
いろいろなしきたりについて、驚くほど無知である

神社の正面は神様の通る場所なので、そこに立つことは不敬にあたるとか
鳥居は神様の世界と人間の世界の境だとか
柄杓は口をつけて水を飲むものではないとか

ほら!あなた!ご存じないでしょう?

いわゆる神社、お寺に詣でる時にしてはいけないこと
神様、仏様に失礼に当たると考えられたこと
これらを説明している

中高年の皆さんへ 常識はずれをしていると、若い人たちに笑われますぞ〜(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (2)

« July 2005 | Main | September 2005 »