« August 2006 | Main | October 2006 »

September 2006

September 30, 2006

超多忙、、、(T.T)

26〜27日

青梅市観光協会の主催する旅行
みたけ山観光協会の理事でもあるので お付き合い、、、

27日

観光バスで移動中に電話が入った
(旅行に参加したメンバーに消防団の役員がいたのだ)

みたけ山で火事らしい

(駒鳥山荘の近くの宿坊から出火したのだ)

友人たちから続々と電話が入る

(山の上から大きく煙が出ているのが里からもよく見えたらしい)

大丈夫か?

心配ありがとう でも 今 潮来にいるんだよ、、、

旅行のメンバーにも続々と(自宅から)電話が入る
こっちからも情報収集を行う

結局 火災鎮火まで2時間かかった

不幸中の幸いは
人間に支障がなかったこと 延焼を免れたこと

みたけ山は陸の孤島である
(火災に対して住民は)普段から尋常ならざる用心をしていた

それがまさかの火事 それも(旅行などで)人手が足りないときに、、、

鎮火の知らせが入るまで皆 じりじりと待ち続けた

この2時間がものすごく長い時間に感じられた

一報が入ると やれやれと列車の空気も和む、、、
まわりの車両の役員さんたちも心配して声をかけに来てくれる

帰りの電車はお通夜のようだった

みたけ山の住人は火事は他人事と考えないと言うことを実感した

帰宅するとすぐに消防団の片付けを手伝った

午後11時頃帰宅

28日


朝から消防署の警察による現場検証
片付けを手伝おうと集まるが立ち入り禁止のため解散した
知人や取引業者から続々と電話 メール 近火見舞いが届く

午後から合宿のお客様がお越しになる

客室の準備と食事の支度に忙殺される

29日

多忙の極限に近づく

午前5時滝行に出発

午前10時 滝行の参加者と参拝に神社へ

お客様の朝食 昼食 夕食の準備を午後1時にすませる
なぜかというと今日はお祭り、、、(^^;

午後1時 出社(二度目)

御嶽神社の真神祭(午後1時)
責任役員会議(午後5時まで)
流鏑馬祭(午後5時から7時)

午後5時30分 帰宅(走るようにして帰る)夕食準備
午後7時すぎ 愚息をJRの駅に迎え
午後8時すぎ 御嶽神社宿直当番(この日三度目の出社)

30日

午前4時50分 起床 神社にて朝のご祈祷の準備
午前5時30分 神社にて朝のご祈祷を奉仕する
午前6時   神社より宿坊に帰宅
午前6時30分 愚息二人と愚娘をケーブルカー滝本駅近くとJR御嶽駅まで送る
午前7時30分 帰宅 お客様の朝食の準備
午前9時すぎ お客様の荷物をケーブルカー御嶽山駅に届ける、、、帰宅

や〜〜〜〜〜〜〜〜っと一息ついています

いやぁ 体力がついた自分にもびっくりした、、、(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 25, 2006

練習再開 \(^O^)/

朝起きると
あ〜ら?不思議!
腰が全然痛くない?
さては 昨日常連さんと焼酎を飲んだので
それが効いたのかな?
と思いましたが まさかねぇ、、、(笑)

風呂に入ってそのまま寝たので 暖かいまま朝まで
行ったのが良かったのかも、、、

いずれにしても そろそろ暖めてみようとホカロンで腰を温めました
やはり調子が良くなりました

夕方まで貼っていて
夜になって
歩いてみよう!
と練習再開

2時間くらいは歩きたいのですが たったの50分で
止めた
いきなり飛ばして再発するのが怖かったのだ
まあ 明日の朝になれば どれだけ無理できるかが判るんじゃないかと、、、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 24, 2006

スッキリな朝

今神社から戻りました
野暮用があったので神社の事務所で少々、、、

帰り道の両側におみやげ物屋がある
二人のランナーが自動販売機で飲み物を買っていた

長谷恒の練習ですか?どこから走ってきたの?

五日市からです

ということは、、、
夜通し走って今の時間(8時すぎ)

すごいですねぇ、、、実は私もエントリーしているんですよ
(私は皆さんと違って走れないので)歩きだけでゴールするのが目標なんですが、、、


歩くだけでも すごいですよ (^。^)

ついつい声をかけちゃう (笑)

俺も頑張るぞ〜!と言う気持ちになってきますな

先日 このブログのウォッチャーさんと電話で話した

夜歩いているんですよ
歩くと調子良いですね
ストレスの解消になるし よく眠れるし、、、

(この人はMTB乗りなのに)なんで歩き始めたの?

馬場さんのブログを見ていたら歩きたくなったんですよ

へぇ〜?

嬉しかったですね
少しでも世の中に良い影響を及ぼすことができて、、、

今日は良い天気で気持ちも良いので トライアルの人たちが
いっぱい歩いているんじゃないかと思いますよ (^。^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 22, 2006

今朝の滝行

学生さん(男性)と二人の滝行でした

悶々と悩んでいらっしゃったらしい
滝でスッキリしたみたい

滝行に多い職業(一般人を除くと)
ヒーラーさん (なぜか)鍼灸師さん カウンセラーさん
などなど、、、
人の相談に乗る職業の人がちらほらと、、、
私は 感応する とか 背負っちゃう とか言います

霊界のことはあまり詳しくないですが
どうも相談に乗りつつご自分でも影響を(知らず知らずのうちに)
受けてしまうんでしょう

この学生さんも医療関係の相談を受けるような学科の学生さんでした

今朝の滝はうっすらともやが立ちこめる神秘的な行場となっていました
くだんの学生さんが滝行を終えると
(滝の周辺が)スッキリ晴れて気持ちが良かった (^。^)

ああ、、、神様が(この学生さんのもやもやしたモノを)流してくれたんだな

と感じました
学生さんも さっぱりしたようで

すっごい寒かったですが さっぱりしました
滝行は(考えていたより)ずっとすごいですね!

寒さに耐えつつ(止むに止まれぬ状況があったのでは?)
頑張りました

(頑張った学生さんに)幸あれ!

さて帰り道
先日から腰痛を抱えていますので
早く治らないかな、、、などと考えていますと

楽しんで歩くことが良いことだ お前は(歩くことを)楽しめるか?

と心の中に浮かんできました

おおっ!そうだ 俺は楽しむことができるぞ!

と思い当たりました
長谷恒カップトライアルで一緒に歩いてくれたUSさんが

馬場さん 楽しんで歩きましょうよ そうは見えなかったですよ

とメールをくれました

あの日は

(初めての長丁場なので)
歩き通す事ができるか?

足が痙っちゃうんじゃないか?
(その20日前には 半分の距離で両足が痙った)
など心配しまくっていた

やはり態度に出ていたんですね、、、

今朝

楽しんでやれるぞ!

と強く感じました
心境の変化です
かなり嬉しくなったかも?!

、、、ということで 実りの多い滝行でした \(^O^)/

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 19, 2006

腰に来た? (^^;

12日〜13日の長谷恒カップのトライアルで腰を痛めた

併走(徒歩?)してくれたUさんが
(10kgの荷物を背負っている私を見て)肩に来るよ
とアドバイスしてくれた

肩には来なかったんですが 腰に来ていたことが判明 (T.T)

昨日は山駆けで奥の院-大岳山(5時間)を敢行したので
腰に湿布を貼った

気持ちいい〜(^。^)

これは痛めて熱を持っている証拠でした、、、
ゆっくり休もうと思ったら神社から電話が、、、

今晩は宿直当番だよ 何時(神社に)上がってくる?

あっちゃ〜!忘れていたよ〜 (T.T)

と言うことで神社に急いで出社したため 忘れちゃったんですよ
張り替えようの湿布を、、、

今日は2時間毎に張り替えています
効果が出ることを祈るのみです、、、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 17, 2006

今日は連休

長谷川恒男カップ 日本山岳耐久レースのコース上に
我が駒鳥山荘はある

今日は連休 それに天気も曇りだがまあまあ、、、

タイツに吸水用の細い管を付けたリックをしょったランナーが
再三通り過ぎる
練習にみなさんお越しになっているようだ

靴を見るとだいたい想像できる
綺麗な靴の人は(たぶん)御岳山周辺からの往復コースを
練習している
汚れた靴を履いている人は(もしかすると)スタートから
走り続けている?

思わず声をかけたくなるが まぁ我慢しましたよ

どう見ても自分より経験豊富な人たちばっかりだから (笑)

それでも ああいう人たちの姿を見ると

俺も頑張るぞ〜

と闘志が燃え上がりますな (^。^)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 16, 2006

ダイエット報告

なんだか疲れて ボロボロで起きました
トイレをすませていつものように体重計に、、

75.8kg!

ついにやりましたよ
去年の(人生で最高の)体重95kgから

約20kgの減量です

タレントの松宮邦宏さんの40kg減量にはかないませんが、、、

本当は72kgあたりまでいきたかったんですが
(10/8の長谷川恒男カップ出場には)間に合いませんでした

まぁ ここら辺でも満足と言うことで、、、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 15, 2006

長谷川恒男カップ トライアル 最終章

今回はいろいろ試そうといっぱい持っていきましたよ
水5リットル おにぎりなんか8個 (笑)

余ったのは水2リットル おにぎり2個
あとはチョコレートなどたくさん

食いまくりながらの58kmでした

さて 一息つくと

みそ汁を暖め おにぎりを暖めて食し風呂を浴びる
寝ることにしよう、、、

、、、zzzz

起きたら午後3時でした
あっという間に5時間爆睡!

夕方になるとUさんは仲間に起こされ
駒鳥売店で酒を飲んでいたらしい
仲間はUTさん
我々が長谷川カップの試走に出かけると聞き
ご自宅から我が宿坊を目指して夜通し歩いてきた (wow!)

最後はケーブルカーに乗っちゃったよ
いえいえ それでも立派なモンですよ
あの雨と風の中一人ですもん
よく警察に不審尋問受けなかったですねぇ
パトカーは数台見たよ (笑)

夕方になるとお仲間の稲田堤ウォーキングクラブのみなさんがお越しになった
我々を祝う宴会をしてくれるという

会長は私の顔を見ると

おめでとう 見直したよ!

(この後 同じ言葉を数回、、、)

と言うわけでしこたま飲んで 山の話で盛り上がりました

翌朝 恒例の撮影を、、、060914
と言うことで
何とか無事に歩き終え
直会(宴会)も終わり
皆さんはお帰りになった

今(9/15)になって時間を冷静に計ると
どうも 足切りされた時間だと言うことが判明
うすうすは感じていたんだけど、、、

なんとしても

 長谷川カップ 日本山岳耐久レースは完走したい

と沸々と燃えるモノがある今日この頃です

、、、終わり

p.s. お世話になったいろいろな方へのお礼は 長谷恒完走時に、、、(^。^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

長谷恒トライアル その3

つい3週間前歩いた小河内峠まで 上がったり下がったり、、、
でも あまりきつくなかったな
やがてだんだん登りが辛くなり

ちょっと休んで良いですか?

と休みつつの歩行となる

心の中では Uさん 楽だっていったじゃん

でも全然楽じゃないじゃん

とつぶやきつつ 岩の混じる登山道をダラダラと登る、、、

やがてカタクリを保護するための杭とロープが道を区切っている

御前山が近づいたな

今度こそピークだね

到着!午前3時35分 真っ暗
この頃になると 夜明けが待ち遠しくなる
滝行で早起きするが この時期になると5時にならないと
明るくならない
ましてや 雨降りである

なかなか明るくならないんじゃないの?

とUさんが言う
早く明るくなって欲しいと痛切に思った
太陽は天照大神さま 元気がもらえる
でも残念ながら 雨は降り続く、、、
それに加えて 治まっていた風が再び吹いて体を冷やす

長谷川カップの参戦記がインターネットにたくさんある
その中でどなたかが
数分休むと体が冷え 取り返しの付かないことになるのだ
と書いていた
これは実感する 動いていないと寒くて耐えられないのだ

そうこうするうちに 鋸山のまき道を通過した(らしい)
何度かここまで(自宅から)往復していたが 夜で視界が悪いのと
疲れでもうろうとしてきたので まき道の通過地点を見落としている

このあたりは比較的平坦な道になる
そろそろ御岳山の到着時刻を予想できるようになる
普段は鋸山から駒鳥山荘まで2時間で歩く
それを元に
7時には到着するだろうと、、、
そうすれば
登校する愚息どもに私の雄姿を見せることができる

と欲が出る

ところが 付いてこないんですよ 体力が、、、(笑)

そのうえ 猛烈な睡魔が、、、

歩きながら夢を見るという生まれて初めての体験をする

山野井夫人が

眠くなるわよ〜

と再三言っていたことが思い出される

結局大岳山には 6時30分頃到着

カメラで撮影しようとすると カメラが曇って写真が撮れない
パッキングの失敗で かなり濡れてしまった

ここは晴れていると富士山や いままで踏破した長谷川カップのコースがよく見える
、、、でも雨と霧に閉ざされていた、、、

そこそこに出発

あとは本当に下るだけ

気をつけていきましょう
怪我をしては仕方ないから、、、

とUさんがアドバイスをくれる

坂を下りきると綾広の滝の上流の水場につく
H神職が滝行の指導をしているのが聞こえる

そこで滝の神様に一礼
ダラダラと御岳山に向かう、、、
やがて御嶽神社の前を過ぎ
商店街へ

ああ これで終わっちゃうのか、、、、

とUさんがつぶやく

この人 この(練習を)楽しんでやっていたのか!すげぇ〜!

と驚愕する (^^;

角を曲がって 我が駒鳥山荘
チャイムを押した 午前8時5分

おやっ!帰ってきたよ

と母が気がつく 愚妻も玄関に出てきた

帰ってきたぞ〜!\(^O^)/

お父さん!よく歩けたねぇ 
と愚妻が驚く
見直したか!

全行程 約58km 約22時間

この記録だと 長谷川カップ当日は完走不能
ここまで21時間以内で歩かないと、、、

何とかなる気がしている

それにしても 俺たちばっかじゃないの?(笑)

、、、つづく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

滝行報告

9月の初旬 ある集団が研修会をかねて滝行を敢行

そのようすは こちら

かっこいいですね (^。^)
こういう風にHPを作れると粋なんですがねぇ、、、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

トライアル報告 その2

戸倉三山を休みを取りつつ通過
第一チェックポイントは7時間45分経過
規定では9時間以内なので まずまず

これから三頭山までは だらだらと登りが続く

横殴りの風雨の中 二人ともTシャツ一枚 (笑)
最初に脱いだカッパを
寒いからそろそろ着ましょうか?
と羽織る
暖かい、、、(^。^)
三頭山の手前の大沢山にかかるころから登りがきつくなる
この前ここでパワーを出し過ぎて 両足が痙った
その経験から 今回は休みを取りつつ
御前山の避難小屋へ
入り口に 遭難者の写真が貼ってある
Uさん

この前この写真に写っている人と目が合っちゃってさ〜
怖かったんだよ〜

この一言で背筋がぞ〜〜〜! (^^;
記念撮影をしようと思ったが 止めることにした
変なモノが写りそうな気配がしまくったので、、、

Tシャツを取り替え 横になって休憩
ヘッドランプの電池などを取り替える
45分休憩したが かなり足が楽になる
休憩時に腰を下ろさなかったので
腰痛が激しいことが判明

このまま最後まで保つかな?

と心配になるが コルセットをしてごまかす (笑)

このルートは先日山野井夫人と歩いているが
昼間だったので夜は全く印象が違って
どこがどこやら 全く判らない
人間の感覚なんてこんなモンです (笑)

アップダウンを繰り返すも 最初の戸倉三山に比べると
かなり楽だった
経験したという事実が 安心感をもたらす
やがて奥多摩有料道路の月夜三駐車場へ、、、
道路に出たのでガードレールを超えて道路を歩くが
これが間違いだった
そのまま 山道を道路に沿って歩くと また
山の中へはいる これが正式ルート
それを間違えて道路を逆送してしまう

これ間違ってない?

と戻る事にする
10分くらいはロスをしたか、、、

本来は山道に復帰するべきだが
道路をこのまま歩きましょうか?
と第二関門の月夜見第二駐車場に向かう
考えてみれば この山道で
この前 両足が痙ったのだった

たぶん 気が悪い場所なのだろう

タレントトレーナーの田中良さん

怪我をしたり 痙ったりする場所は 必ず悪い霊がいるね

といったことを思い出し

その場所に行くなと言う 神様の指示だろう

と道路を歩きつつ第二関門到着 午前1時37分(15時間37分経過)
制限時間を37分超過してしまう

まあ こんなモンでしょう
最悪のコンデションの中 よくがんばっているよ、、、

これからは広い道がしばらく続く、、、

あとは下りだけだから

とUさんのアドバイスが、、、

ところがそれが大間違いだったことをあとから思い知ることになる、、、

、、、つづく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 14, 2006

トライアル報告

昨日の午前8時に帰宅しました
そのあと爆睡し 午後3時すぎに起きました
夜は 御岳講稲田堤ウォーキングクラブの皆さんが
お祝いに泊まりに来てくれました
しこたま飲んで盛り上がりましたね (^。^)

馬場さん見直したわ

とクラブの会長のIさんから再三お褒めの言葉をいただきました

御嶽講の最強の軍団に認めて貰った、、、

さて報告

一昨日はあきる野市を午前10時に出発
今熊神社に参拝060912
これから 最初の登りが始まる
一緒に歩いてくれたのは
川崎市稲田堤講のUさん
去年の長谷恒完走の強者

また 来ることができました06091202

と今熊神社に報告

ああ(Iさんは)参加したかったんだなぁ

と実感しましたね (^。^)

さて この戸倉三山は この大会屈指の難所
ここを制限時間9時間で踏破しなければならない

痙ったら 終わりだね

とUさんがプレッシャーをかける

ううっ!怖い、、、

先日 山野井夫人第一から第二チェックポイントまで
約10時間歩いたときに両足の太ももが痙った
その恐怖がトラウマになっていて

歩ききることができるだろうか、、、? (^^;

タイガーバームを擦り込みつつ
両手にはストック(本レースでは第一関門まで使用禁止
今回は そんなこと言ってられない)を最初から使用

最初の方は意識してゆっくり登る方が良いよ

というUさんのアドバイスを 素直に聞く、、、

、、、つづく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 11, 2006

トライアルに行ってきま〜す

長谷恒の下見を兼ねたトライアルをしてきます

午前10時ころから翌日の昼頃まで歩く予定
一人じゃ心細いんですが同行してくれる人が現れた

なんと信者さんのお一人、、、
去年 長谷恒に挑戦して見事完走を果たしたU氏
その様子は こちら

なんとか ここまで仕上げましたが 果たして完走できるかは
大いに疑問があります

とりあえず 夜通し歩いてみて 限界に挑戦してみます
たぶん 途中で仮眠をとります (^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 08, 2006

一月前、、、

長谷恒カップまで 残すところ あと1月となった

12日にはダラダラと60km歩いてみようかと計画した

御岳講の信者さんのお一人が去年参加して完走した
その人が付き合ってくれるという

コースはスタート地点付近から初めて駒鳥山荘まで
良いでしょ?コース上に自宅があって、、、(笑)

3週間前には30kmを9時間かかって歩いたが
太ももが言うことを聞かなくなった

そんなことで自信は全くないんだけど
とりあえず 途中で休んでも寝ても良いから
自宅までたどり着きたいと、、、

さっき愚息どもをピックアップに参道を自家用車で降りると
ヘッドランプを付けたランナーが坂道を登ってきた

長谷恒カップの練習ですか?
そうですよ〜 (^。^)
頑張ってくださいね〜

だんだん入れ込んで来ちゃいましたよ、、、(^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »