« December 2007 | Main | February 2008 »

January 2008

January 17, 2008

滝行始め

今年の滝行初めをして参りました
(特別な例以外はこの時期は受け付けておりません)

今日は読売テレビの取材でした
(オンエアは 1/25 ですが関東地方以外ということで
残念ながら見ることは無理ですが、、、)

昨日の夜からの雪が積雪5センチ

午前6時から雪掃きをしました
愚息どもの通学路の確保とスタッフを自動車で迎えに行くためです

駅まで車で迎えに行くと、、、あれ〜!!!

10年ほど前 取材に来てくれたカメラマンの○○ちゃんがいた!

「○○ちゃん?」「覚えていてくれました?」「もちろん!げんきだった?」
「馬場さんも変わらないですねぇ!子供さん大きくなったでしょう?」
「もう中学生だよ〜!」

ディレクターさんやレポーターさんが あっけにとられる中 感動の再会 (笑)

、、、、、、、

さて滝行

水量が少ないため 下流の滝壺へ 雪で滑る坂を下りていきました

水温2度
外気温 マイナス1度 (^^;

これは少々厳しい行になるな と気を引き締めましたが
レポーターさんとADさん(参加を表明 偉い!)を
指導しました

レポーターさんは男性の厄年なので お祓いと開運を祈っての滝行でした

わたし的には 滝行は無心で行うモノですが、、、

足の感覚が麻痺するほどの冷たさ  といいますか 痛いだけ、、、

絶叫しながら滝に打たれて岸まで たどり着かせると すぐにタオルで
水を拭き取りました

初心者には 今の時期の滝行は危険なのです

細心の注意を払いましたが よく頑張りました♪

私は体が(滝の厳しさを)覚えていますので大丈夫ですが、、、

無事で何より

神社に参拝して (レポーターさんが)おみくじを引いたら吉が出ました

よかったね〜♪ (^。^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 06, 2008

NHK特集

明日のNHKスペシャルで 私どもに長年お手伝いいただいた山野井夫婦が登場します

グリーンランドの未踏峰を征服した模様がすばらしい画面で登場です
(BSデジタルでは2時間番組で去年の11月に放映されました)

垂直壁に圧倒される番組です(1時間に短縮は勿体ないなぁ、、、)

ご覧あれ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 02, 2008

謹賀新年 (^。^)

あけましておめでとうございます
去年はお世話になりました
今年もよろしくお願いします

年賀状が届きました

私どもはこれから発送しますので、、、(^^;

みなさん いろいろ変化があった方もいらっしゃいました

私はいつでも みたけ山におります
何かお手伝いができることがありましたら お声をかけてください

私の今年のテーマは

「本物」

です

去年 比叡山の大阿闍梨さんが説法で仰っていました
短い時間でしたが いろいろと参考になりました
やはり 本物は違いました 

偽装問題が大きく取り上げられましたが これは実は気づくための
一種の思し召し!

本物にフォーカスしたいと思っています
(ず〜〜っと思っていましたが より強く感じることとなりました)

あと

「地球環境」

です

薪ストーブの生活2年目に入りました
これほど環境に優しいとは思いませんでした(煙をもくもく吐くので
都会では厳しいかも知れませんが)

○炭素を固定的に利用できます(化石燃料や原子力など資源に限りがあるモノや
燃焼かすの処理を子孫の世代に残さないですみます)
○灰は山の木々の酸性中和剤になります
○木製品を処理できる(接着剤や塗料付きのモノは使用不可)
プラスチック製品などの処理は業者に頼まなければなりませんが
無垢の木製品は燃やして熱を暖房に利用して灰を竹藪や
植林地に撒きます
○子供たちが集う場所ができた(昔は火の維持はおばあちゃんの役目だったんです
そして囲炉裏の正面に横座(その家の家長が座る場所)があったんです
今 横座は愚息の場所になりました(^^;
○火がないとさみしい、、、愚息どもも大好きです
「火が消えたようだ」とはよく言ったモノです
本物の火がある生活は自然と共にあります

生活も昔に戻る部分があるのだろうと思うようになりました

「ダイエット」

日本山岳耐久レース後 リバウンドしました (^^;

山岳修行を初心に返って行いたいと、、、

「お父さん 単なるハゲデブと思われているから ああ言うすごいことを
やると周囲の人が おれでもできるんじゃないかと思われるんだよ」

愚息の言葉です (笑)
今年も 相変わらず三枚目です、、、、(T.T)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« December 2007 | Main | February 2008 »